A Good Travelerへの道 そこが知りたいホテルの常識

9

発つ鳥あとを濁さずチェックアウト

Chapter7

帰国後に覚えのない請求が!

Fairmont Hotel Vier Jahreszeiten Hamburg (Hamburg, Germany)

基本になるのは自己防衛

帰国後に届いたクレジットカードの明細に、既に支払済みの「宿泊代(Room charge)」が含まれていた!実はこれ、決して他人事ではなく、あなたの身にもいつ降りかかるかわからないのです。

というのも、高級ホテルからバジェットクラスまで、完全にシステム化・ネットワーク化されたホテルもあれば、まだまだ手作業のホテルもある。宿泊客は世界中からやってきて、事前払いの人もいれば現地払いの人もいる。ホテルスタッフのスキルも様々、シフトも様々。人間だから「ついうっかり…」も起こりうる。

だからこそ、念には念を入れて請求書をチェックし、たとえ支払いがゼロだと確認しても、明細書は当分とっておく、といった自己防衛の手段が必要なのです。

もし誤った請求が来てしまったら

もし帰国後にクレジット会社からすでに支払済みの宿泊代の請求が来たら、すぐにクレジット会社に電話して事情を説明し、その金額の引き落としを止めるよう伝えてください。その際に証明として、チェックアウト時に受け取った明細を提示し、必要であればクレジット会社からホテルへ直接確認してもらいます。

自分でホテルに確認してくれと言われたら、英語がわからないことを理由に、クレジット会社側に交渉をお願いするのもひとつの手段。手続きなどの詳細はクレジット会社に相談してください。

そうならないために

こんなことになる前に、もう一度、チェックアウトの心得をおさらいしておきましょう。

請求明細のサインは決して気軽にしないこと。項目や金額の隅々まで確認し、不明な点はその場で問いただし、納得した上でサインを。サインをした後の返金手続はかなり困難です。

支払いがゼロでも、その「ゼロ」の明細書は必ず受け取る。
「ゼロだからいらないや」と受け取らないと、後で誤請求がきた時に証明するものがなくなります。

支払いがない場合、クレジットカードのコピーは返してもらうか、必ず目の前で破棄してもらうこと。「あとでやっとくよ」と言われても、「今お願いします」と伝えましょう。

明細書は必ず持ち帰り、一定期間(半年程度)は保管すること。

ホテル以外の場所でも、クレジットカードの利用は細心の注意をもって行いましょう。特に海外では、盗難や情報漏洩、スキミングなどによるトラブルが数多く発生しています。クレジットカードは必ず目の届くところで受け渡しする、安易に預けない、レシートは必ず持ち帰り、請求時の明細と照らし合わせるなどの自己防衛を心がけてください。

こちらもおすすめ

期間限定!1泊無料キャンペーン!

期間限定スペシャルセレクト~お得プラン特集~

ホテリスタメルマガ登録