ミスターMのおいしい旅の話「次の旅はここへ行け!」
Vol.118

Vol.
118

宮古島への旅にまつわる考察あれこれ

The Shigira Resort

旅行といえば外国への渡航に人生の大半を費やしてきた私にとって、国内観光地は「いつでも行ける場所」。こんな思いが強いせいか、なかなか足を運ばずにいるスポットも少なくありません。ところが近年の日本ブームもあって、他国の友人・知人のリクエストで、ほとんど知らなかったような国内観光地について調べたり、アテンドする機会が増えてきました。今回は、そんな初めて体験のひとつ、宮古島への旅についてお話しします。

1泊10万円のカウアイ島から4日間10万円の宮古島へ

以前のコラムでお話ししましたが、私が宮古島へ行くことになったのは、友人がきっかけでした。彼は奥様とともに、長めの休暇が取れると毎年カウアイ島に行っていたそうで、島内でも指折りの名門ホテルの常連客。ところが徐々に料金が上がり続け、ふと気がつくと1泊10万円レベルに…。さすがに予算との折り合いが悪く、どうしようかと悩んでいたところ、また別の友人から宮古島がいいとすすめられたのだそうです。

彼としては、「そうはいってもねえ〜、カウアイ島からいきなり宮古島ってねえ~」とさほど乗り気ではなかったそう。ですが調べてみたところ、飛行機、ホテル、レンタカー込み4泊で、1人あたり約10万円。ということは、カウアイ島のホテル1泊分の費用ですむということです(笑)。これはもうチャレンジ精神で、思い切って宮古島に変更してみるしかないか、と。その手配のついでに、私にもお誘いの声がかかったというわけです。

空港へのアクセスに利用したいジャンボタクシー

宮古島は羽田空港から直行便で約3時間。位置的には沖縄と台湾の間という感じですかねえ。JALもANAも1日1往復しかしていません。しかもJALだと往路早朝出発、復路夜間着。地方都市から出かける場合は、必然的に前後泊が必要になります。これが大変なんですなあ! とにかく羽田周辺の宿の取れなさ具合は驚異的。しかもビックリするほど高い。やるせなくなります。

私の友人も地方からのアクセスだったのですが、前後泊を避けたいと彼が利用したのがジャンボタクシー。コレ、ご存知ですかな? 定員約9人のワンボックスカータイプで、大人数での移動には大変便利なシロモノ。地方都市から羽田空港までの定額搬送サービスも各社用意されていて、甲信越圏なら1台片道1~2万円程度。タクシー会社によっては高速料金や深夜料金も含まれた、実にお得な金額設定になっています。

家族連れ、特に小さな子供や年配者が同伴の場合、地方都市から主要空港へのアクセスは新幹線のチケットやら大荷物を持っての移動など、金額的にも肉体的にも大きな負担です。自家用車で行くとしても、ドライバーのストレス、羽田周辺での駐車場確保など、やはりあれこれ面倒なもの。それを考えれば、自宅から空港ターミナルまで、荷物と一緒に乗っていればいいだけのジャンボタクシーは、なんと快適でありましょうか。私も今度、海外から友人が来日する際は、ぜひ移動の利用をすすめたいと思いましたねえ。

国内線にも利便性を備えてほしい日本の空港

一方、羽田空港界隈のホテルで前泊した私が驚いたのは、国内線各施設の終了時間が早いこと。20時ともなると、ほとんどのレストランがクローズ。開いている中華レストランでも、ラーメンと餃子しかできないと言うんですな。そもそも羽田発21時以降のフライトは、2本しかないのです。ウ~ム、羽田は24時間稼働のハブ空港なのでは…と思いきや、それは国際線の話なんですと。

国内線がこれほど早じまいなのは、飛んだ先でのアクセスがないからでしょうか…。降りたはいいが、空港から目的地まで移動するバスや電車等の公共交通機関が整備されていない、さらに在住地によっては、タクシーに気軽に乗れる距離でない場合も多いですよね。まあ、羽田空港自体が公共アクセスが悪く、みな不満たらたらなんですから、地方空港推して知るべし、です。観光立国ニッポンとして外国人観光客6000万人を目指すなら、こういうところからスピーディに変革していかないとねえ…。

沖縄料理の苦手意識を宮古島で解消

それはさておき、私にとっても初めての旅行先である宮古島。出かける前は、特に思い入れもなく、ま、一度くらい入っておくのもいいかなという程度でありました。実は以前沖縄に行った時に、地元料理が口に合わず閉口した覚えがあったのです。たまたまなのか、体調がよくなかったのか…味が濃く感じてつらくて。それで、沖縄料理は相性が良くないと決めつけていたところがあったのですよ。

ところが宮古島ではすべてがドンピシャ、魚も肉も味付けもゼ~ンブ美味! 自分でも驚いてしまいました。友人は「宮古島と沖縄の料理にたいした違いはないと思うけど?」と不思議がっていましたが、私には宮古島の方が、ややあっさりとした味つけのように感じました。小さな島ですから地産地消というか、土地の野菜や魚など、どこで何を食べてもみな新鮮だったのもよかったのかもしれませんね。

思わず童心に返ってしまう宮古島のちゅら海

宮古島は車でのんびり観光しながら1周すれば、約6時間。一番の魅力はなんといっても海。沖縄よりもはるかにキレイなのだそうです。また琉球列島ならではのサンゴ礁石灰岩台地で、川がなく雨が降っても水がすぐ流れてしまうため、日本でも珍しい地下ダムがある島でもあります。サンゴで濾過された水が流れ込む海は、本当に透明度が高いんですな。私もシュノーケリングを大いに楽しみ、4種類のクマノミを見つけて喜んだりと、ついつい童心に還ってはしゃいでしまいました。

旅行だけでなくリゾートというと、やはり海外を主眼に考えてきた私ですが、今回の宮古島訪問で、日本のリゾートも捨てたもんじゃないゾと感じ入りました。アクセスの不便さ、宿泊施設の不足、ハイシーズンの過密ぶりなど、決まった時期にしか休みがとれないお勤め人やファミリー層には気苦労や予算も必要ですが、海外のあちこちにきな臭さが立ちこめている現在、もう一度国内リゾートに目を向けてみるのもいいかもしれません。そこには、自分でも思いもかけなかった発見や喜びが、きっとあるのではないでしょうか。


期間限定!1泊無料キャンペーン!

期間限定スペシャルセレクト~お得プラン特集~

ホテリスタメルマガ登録