マダムヨーコの辛口旅サロン「目指せエレガント・トラベラー」
Vol.48

Vol.
48

最新版!appleworld.com徹底利用術

ああ、今年の夏は暑かった・・・生まれて初めてクーラーをつけっ放しで寝るという荒技にチャレンジし、その恐ろしいほどの快適さにいろいろなものを失った気がする(電気代、忍耐力、若さ、も?)マダムヨーコでございます。熱帯夜で熟睡できなかったぶり返しが、今来ているという方も多いかもしれません。どうぞ十分体力の回復を図って、実りの秋を楽しくお過ごしくださいませね。

海外個人旅行ならappleworld.com

さてさて、みなさま。いつも辛口サロンのご愛読ありがとうございます。「聞かせて」のコーナーでは、みなさまからいただいたお便りにできるだけ返信していますが、それでも追いつかないほどたくさんのご質問やご要望が届いております。そこで今回のテーマは、appleworld.com.徹底利用術2010年バージョン! このサイトをチェックすれば、たいがいの「?」は解決し、さらに旅上手になれるヒントも満載。ついでに思わず海外旅行したくなること確実の、海外は個人旅行が基本という方なら知名度100%(言い切ってみました!)の有名サイトのご案内でございます。

うーん、懐かしい。なんせ辛口サロン記念すべき第1回目のテーマが、これでしたものねえ。まったく月日がたつのは早いもの。当時0歳だった赤子なら、もう幼稚園。見知らぬうちに大きくなるのが他人の子供と借金。なぜか綾小路きみまろ系が憑依しております。そんなわけで(どんなわけなのか)、appleworld.comだって気がつけば大きーく成長しているんですのよ。ふふ。マダムのコラムも時々さりげなく衣替えしていること、ご存知でした?

ラストミニッツついに登場

最近の大トピックといえば、なんといっても直前予約システムの登場ですわね。デビューするや否やアクセス殺到。長期的なスケジューリングが難しいビジネスパーソンや、思い立った時が旅行時という海外旅行上級者に、早くも絶大な支持を受けているようです。お得な割引も見逃せません。公式ツイッターにて最新情報が流れているので、こちらもお目通しを。出発間際でも可能になったホテル予約は、これまでの時間確保が最優先だった海外旅行のスタイルを、180度変えてくれるかもしれませんわねっ(←大げさですか?)。まあ、とにかくクリック&ブックマークを。必ず役に立ちます。これはマジ!

「ホテル活用術」を海外旅行のバイブルに

みなさまからいただく質問で多い項目は、「空港から市内へのアクセス法」「トランジットホテル」「ホテルでの外国語会話」「チップ」といった事柄かしら。わたくしも折に触れコラムで取り上げているとはいえ(バックナンバーをご参照ください。テーマ別でカテゴライズするとより便利です!)、全方位的なフォローアップはなかなかできません。そこで、お目通しいただきたいのが、appleworld.comの「ホテル活用術」。これがまた、「なるほど!」に「おもしろい!」が加わった読み応えたっぷりの内容ぞろいなんですのよ。

メインコンテンツの「そこが知りたい! ホテルの常識」は、旅に出る心構えから自分が求めているホテルの選び方、誰もが迷うチップのノウハウ、いざという時の対処法、そしてホテル滞在の楽しみ方まできめ細かくかつ丁寧に教授。単なるテクニックではなく、「なぜ」「どうして」にまで踏み込んだ、広く深い知識を得ることができるのです。「ホテル会話集」はホテル滞在時に使える基本会話集が9カ国語で掲載されています。わざわざ本を買わなくても、このページだけプリントしていけば、チェックインからアウトまで安心。発音のヒントも記載されているので、バーバルコミュニケーションにも重宝します。

空港からのアクセスも一目瞭然

ホテル選びでは、ロケーションが大切なポイントになりますわよね。アップルワールドが取り扱っている全世界約60,000軒のホテルは、Googleマップの機能が搭載されたことで立地の確認がとってもカンタンになりました。お目当てのホテルが満室の時、近場のホテルをすぐ探せるのもいいですわねえ。では、空港からのアクセス情報はというと、「ホテル活用術」の「空港からのアクセス」をご覧くださいませ。特に人気都市の場合は、主要空港から市内への詳細なアクセス方法が随時アップデートされています。また、乗り継ぎでトランジットステイが必要だったり、空港近くのホテルに滞在したいという方のために、アップルワールドが選んだおすすめホテルや関連リンクも紹介。ああ、なんて至れり尽くせりなんでしょう!

最強コンテンツ「クチコミ広場」

そしてappleworld.comといえば、やっぱり「クチコミ」ですわね。ついに81,000件を突破。おお?! 素晴らしい?。驚くほど「盛られている」宣材写真や、超ポジティブシンキングな広報資料ではわからないホテルの「人間性」を、赤裸々に報告してくれるクチコミは、「いつも参考にしています」の声が圧倒的多数。そのホテルに滞在したゲストの幸福感、喜び、感謝、反対に苦衷や驚き、激憤や絶望感(笑)まであまさず公開。またアップルワールドから予約し、何らかのトラブルが報告された場合には担当者が責任を持って追究、必ずフォローを入れるという姿勢も見事です(マダムがアップルワールドを愛する理由のひとつがコレ)。でも、クチコミを拝見する限り、アップルを利用するゲストはやはり旅慣れた方が多いらしく、現地でのトラブルをご自分で解決してらっしゃるケースも少なくないですわね。そういう書き込みを読むのもとても勉強になります。だから、ついつい暇なときに、クチコミをチェックしちゃうんですのよね?。

読み物も他にはない味わいです

海外ホテル予約サイトとして、常に最新のシステムを取り入れていくappleworld.comですが、単なる実用サイトにとどまらないのがユニークな読み物コンテンツ。結構きわどいところに触れてしまうマダムヨーコも野放し状態になっているように、ここには海外旅行のホテル予約だけに収斂しない、幅広いジャンルの情報が詰まっているのです。アメリカ最高峰のホテルでの勤務経験をもとに、日本人とアメリカをグローバルな視点から考察する奥谷啓介氏の「私が見たアメリカのホテル」、目的を決めて旅をする楽しさを教えてくれる「テーマ別特集」、そして確実に旅ごころがうずいてしまう「今月の特集」など。読めば読むほど、「へえー」「ほおー」のつるべ打ち。中でもミスターMのコラムは、旅先でこうありたい男性のあり方を、とても実用的&現実的な観点から教えてくれるもの。実に貴重な内容です。中高年の男性、特にリタイア後にのんびり海外を旅したいという方には必読かと思います。

マダムー、今回はアップルの宣伝じゃーん、と思わないでくださいね。本当に、本当に、「ああ、appleworld.comに、それも、これも、全部掲載されているのにーー!」って、いつも歯がゆい思いをしているんですもの。どうぞ、存分にappleworld.comを使い倒して、あなただけの素敵な海外旅行を実現してくださいね。それではみなさま、また来月。Ciao!


聞かせてあなたの声を

プラダのお財布を買いたいんだけど、シンガポールの路面店と韓国の免税店ではどちらがおすすめ? という質問をムック様から。これは商品の型番によりますわねえ。国はどこであれ扱う品物が充実しているのが路面店。免税店(特に空港)は免税店用の品物がメインということが多々ありますから、期待していって肩すかしってこともあるんですのよね。まずはシンガポールで免税と路面店の双方をチェックし、納得のいく方で購入してしまったらいかがでしょう。で、その結果を韓国に引きずらないようにする(笑)。海外での買い物は損得よりも、出合いと決断がキモですわよ!

続いて、フランスでのトホホ体験をご報告くださったミキ様。モノプリで若い日本人女性が店員に日本語で「トラベラーズ・チェックは使えますか?」と何度も聞いていたそうな・・。「お兄さんが分かりませ?んと首をひねっていると、同じセリフを一語一語区切りながらゆっくり繰り返してました」。そっそんな、マンガのような・・。それよりも「助けてあげればよかったのかもしれませんが、以前、やはり旅行先で言葉で困っていた若い女性を助けて、感謝されるどころか失礼な態度をとられたことがあったので」という方が問題。マダムも同じ経験ありますわよ?。なぜかしら? プライドが傷ついちゃうのかしらん。トラヴェジェンヌのみなさまは、そんなことありませんわよね。

「私も値切りはできない派」というのは、ぴょんぴょん様。しかも気にせず値切れるのがダメもとのスーパーというところも一緒。おお、同志よ! でも、さすがに日本のデパートでは値切れないかも・・・(笑)。

ぷりんママ様は、早々とお子様を産み育て、現在は「自分のバイト代すべてつぎ込んで、年に3、4回海外旅行に出かけられるようになった」というワンダフルなトラヴェジェンヌ。素敵ですわねえ。しかしバリのホテルで身に覚えのない「静かにしろ」電話を受けて納得する解決ができず、次回にそなえて旅行英会話を特訓中なのだとか。その悔しさ、わかりますわ。追って辛口サロンでもホテルでのトラブル対処法をご紹介してまいりますので、参考になさってくださいね。

そしてtomomo様! いつも楽しいお便り本当にありがとうございます。楽しツラしのアルプス道中、お疲れ様でした。わたくしもツェルマットのゴルナーグラード展望台で、一面真っ白という目に遭いましたわよ?。撮影用のセントバーナードが、商売にならずぐったりしてましたっけ。お互い、体力維持に励んで、年を重ねてもどんどん海外に出かけていきましょうね!

使えるワンポイント英会話

ホテルの部屋で休んでいると電話のベルが。受話器を取ってみたけれど、相手がベラベラと早口にまくし立てるので何が何だかわからない。そんな時は、頃合いをとらえて、この一言。「どちら様ですか?」という意味のフレーズです。相手の素姓がわかれば、どんな用件かも察しがつき、冷静に対処できるはずです。

他にも、あらゆるシーンで役立つ英会話がそろってます!

今週の旅格言

「心に余裕を、視野に広がりを」ふだんは気がつかないところにも、自分の疑問を解決してくれるヒントが必ずあるもの。「こうじゃなきゃダメ」という縛りを解き放ってみてください。


期間限定!1泊無料キャンペーン!

期間限定スペシャルセレクト~お得プラン特集~

ホテリスタメルマガ登録