はじめまして、スリランカ

はじめまして、スリランカ

インドの南東に浮かぶ「光り輝く島」、スリランカ。独特のエキゾチズムとミステリアスなムードに包まれたこの小さな国は、いま、その多彩な魅力でアジアの新たな韓国立国へと躍進しつつあります。荘厳な世界遺産や異国情緒漂う町なみ、そして手つかずの自然や洗練されたリゾートまで、驚きと癒しにあふれたミラクルワールドへ。きらめくような出合いが旅人を待っています。


●異国情緒を楽しみながらのんびり街歩き:ゴール

古くは古代ギリシャ、ローマや中国、16世紀以降は要塞を築いたポルトガルを筆頭に、オランダやイギリスからの支配を受けた海洋拠点の要。見どころは城砦に囲まれた旧市街に集中しており、新名所も次々に誕生しています。

●仏歯寺とティーサロンで心静かにくつろぐ古都:キャンディ

かつてスリランカの首都として栄えた緑あふれる都市。仏歯寺は敬虔な仏教徒でなくともぜひ訪れたい聖なる世界遺産です。夏のペラヘラ祭や民族舞踊も有名ですが、セイロンティーが初めて栽培されたことでも知られています。

●古き良き風情のビーチリゾートでリフレッシュ:カルタラ

かつてはスパイスの貿易港として賑わった町で、現在は巨大な仏塔が鎮座するカルタラ・ボディヤやマンゴスチンの産地として有名。個性的なリゾートが点在し、コロンボとのホッピングステイを楽しむトラベラーが増えています。

●スリランカのあつ~いエネルギーが充満:コロンボ

近代的なビル群と昔懐かしい屋台や出店が共存する、エネルギッシュな大都会。グルメやショッピングはもちろん、スリランカが生んだ奇才建築家ジェフェリー・バワの足跡や、彼ゆかりのスポットを訪ねる現地ツアーも大人気です。

●ゴールデンビーチを代表する美リゾート:ベントータ

西海岸で最も美しいと言われるゴールデンビーチの代表的存在。ロマンティックなムードと素晴らしい景観、また高いホスピタリティを提供するリゾートも。ラグジュアリークラスでも比較的手頃な料金で利用できるのが魅力です。

●想像を超える世界遺産が目の前に広がる:シーギリヤ

ジャングルの中に突然現れる岩山の宮殿。シーギリヤ・ロックは、スリランカ滞在中に必ず足を運びたい驚きの世界遺産です。近場に拠点を置けば文化の三角地帯を周遊するのにも最適。滞在中に本場のアーユルヴェーダも体験して!

◆ゴールのおすすめホテル
1.開放感にあふれた「海のバワ・ホテル」
「ジェットウィング ライトハウス」

出身地スリランカのみならず、その「トロピカル建築」で世界のリゾート造形に旋風を巻き起こした奇才ジェフェリー・バワの代表的な作品。勇猛な自然の姿を巧みに取り込みつつ優美さと開放感を兼ね備えたデザインは、過ごすほどに魂を解き放ち、遠い異世界に連れ去ってくれるかのよう。一生に一度は滞在してみたい、そして決して忘れることのできない唯一無二のホテルです。

その他、ゴールのホテルを探す

2.不思議な心地よさに包まれる小さな館
「フォート プリンターズ」

かつてイスラム系の印刷所として使われていた建物を利用しており、旧市街の中にたたずむコロニアルスタイルの優美な外観が印象的。館内もここ数年で改装が進み、クラシカルな要素を残しながらモダンに彩られています。客室はわずか14。全て内装が異なり、それぞれ名前が付けられているのも、ゲストに「我が家」的愛着を感じさせる心憎い演出。プールサイドのレストランも素敵です。

その他、ゴールのホテルを探す

3.テーマは「究極のビーチホリデー」
「カンタロープ アクア」

全16室中13室がオーシャンビュー。小さいながらも抜群のロケーションを誇るビーチフロントに建つリゾートです。室内はモダンでシックなヨーロピアンスタイル。いずれもゆったりとした空間ですが、ハイカテゴリーになるとロフトやガラス張りの窓から海が一望できるジャグジーが付帯し、より贅沢でロマンティックな時間が過ごせそう。「とにかく海!」という人におすすめです。

その他、ゴールのホテルを探す

◆キャンディのおすすめホテル
1.雄大な自然の中でリゾート気分を満喫
「シナモン シタデル キャンディ」

滔々と流れるマハウェ川と、その向こうに広がる濃密なジャングル……高地にありながら開放感満点のリゾート気分が味わえる素晴らしいホテルがここ。敷地内は全てがゆったりとした造りで、デザインには地元文化がさりげなく取り入れられており、暖色系のやさしい色づかいにも心が和みます。天気の良い朝は早起きして敷地内をのんびり散策した後、屋外テラスで優雅に朝食をどうぞ。

その他、キャンディのホテルを探す

2.清涼な空気と優しいもてなしに身を委ねる
「ヒューナス フォールズ バイ アマヤ」

美しく手入れされた庭園と見渡す限りの緑に囲まれたヒューナス フォールズ バイ アマヤは、南国の国スリランカとは思えない涼しげな気候が心身を癒してくれる高原リゾートです。ここではテレビを消して、刻々と移り変わる自然の景観を味わうのが最良の過ごし方。近くの滝を舞台にしたアドベンチャーやミニゴルフなど、ここでしか経験できないアクティビティも用意されています。

その他、キャンディのホテルを探す

3.緑の中に浮かぶプールから市街を一望
「アマヤ ヒルズ」

キャンディの中心部から車で約10分、市街を一望する高台に建つアマヤ系のエレガントなリゾートです。客室は温もりのある木製家具と伝統的な色彩のテキスタイルがシックな空間を演出し、大きなフレンチ窓から明るい日射しが注ぎ込んできます。伝統的なアーユルヴェーダのメニューがそろった本格的なスパや、素晴らしい景観が楽しめる大きなインフィニティプールも大人気です。

その他、キャンディのホテルを探す

◆カルタラのおすすめホテル
1.広大な敷地に申し分のない施設がそろう
「シトラス ワスカドゥワ」

カルタラ中心部から車で約10分、ワスカドゥワの穏やかなビーチフロントに建つ全150室の高級リゾート。客室は最低でも43平米。暖色系のテキスタイルと自然素材の家具・調度品が品よくまとめられ、バルコニーからの眺めも文句なし。スパもカジュアルなムードなので気軽に利用できます。充実した各種施設のためツアーや団体客も多数。スリランカ初心者でも安心して過ごせます。

その他、カルタラのホテルを探す

2.風が吹き抜けていくおしゃれなリゾート
「アバニ カルタラ リゾート」

カルタラの南から海に突き出した半島の先端部分に位置するスタイリッシュなリゾート。まるでワンアイランド・ワンリゾートのような隔絶感があり、お忍び滞在にはもってこいの1軒です。客室はビルタイプながらヴィラ風の贅沢な造りで開放感は抜群。パブリックスペースのデザインも凝っています。ビーチにテーブルセッティングしてのプライベートディナーもリクエスト可能です。

その他、カルタラのホテルを探す

3.童心に戻って思い切り遊びたい時に
「マーメイド ホテル & クラブ」

ビーチリゾートのバカンスはオシャレも気取りも必要なし。元気に体を動かしたい、というアクティブ派におすすめなのがマーメイド ホテル&クラブです。カジュアルでお手頃な料金はもちろん、各種レクリエーションプログラムやアクティビティが充実しているのが最大の魅力。ゲスト同士の交流も盛んなので、照れずにどんどん参加して! ファミリーやグループでの滞在にも向いています。

その他、カルタラのホテルを探す

◆コロンボのおすすめホテル
1.オリジナリティあふれる超個性派ホテル
「カーサ コロンボ」

デザインを手がけたのはスリランカ人の若手デザイナー。美しくも一風変わったコロニアル調の外観同様、館内もいたるところでクリエイター魂がスパーク! 鮮やかな間接照明やユニークな造形など、ホテル好きにはたまらない要素が満載です。客室は全てスイート仕様。アンティークな家具や調度品と無機質な建材が融合し、不思議な居心地のよさが……。ダイニングやスパも人気です。

その他、コロンボのホテルを探す

2.コロンボ唯一のゴージャスリゾート
「タージ サムドラ コロンボ」

シティエリアであるコロンボにある唯一のリゾートホテル。インドを拠点にゴージャスなホテルを世界展開するタージ系だけあって、すべてにおいてハイクラスの快適さを提供しています。重厚感たっぷりの広い客室、充実した館内施設、そしてクオリティには定評のあるダイニングなど、滞在満足度は100%。レジャーのみならずコロンボを訪れるエグゼクティブの定宿にもなっています。

その他、コロンボのホテルを探す

3.女流アーティストの夢を紡ぐ隠れ家ホテル
「ザラン ラグジュアリー ヴィラ」

香港の著名女流アーティスト、ツィイー・ヤン・タンが長い間の憧れの地であったスリランカで手がけた……というのが、このホテルの誕生秘話。その後、紆余曲折を経て現在に至りますが、彼女が追い求めたコンセプトは若手アーティストの手で活かされ、心安らぐホテルとして多くのリピーターに愛されています。センスの良い友人宅にお邪魔するような心地よさを味わってください。

その他、コロンボのホテルを探す

◆ベントータのおすすめホテル
1.充実の施設とサービスで誰もが満足
「センタラ セイサンズ リゾート & スパ スリランカ」

ベントータの北に突き出した半島の中程に位置するリゾート。ビーチと海に挟まれた素晴らしいロケーションで、タイを拠点に使い勝手のよい高級リゾートをアジア各地に展開しているセンタラ系らしい品の良さと万人向けのきめ細かいサービスが光ります。モダンで洗練された客室、プールやスパなどの充実した施設と豊富なダイニング。選んで悔いのないパーフェクトリゾートです。

その他、ベントータのホテルを探す

2.とびきりの景観を独り占めする豪華リゾート
「ヴィヴィアンタ バイ タージ ベントータ」

美しいゴールデンビーチを見下ろす丘陵に、ゆったりと広がる豪華リゾートです。スリランカとインドの文化をミックスした個性的なデザインが目を引く館内は、高い天井と重厚感あふれる家具や調度品が印象的。客室は一転して明るく鮮やかなカラーリング。160室のほとんどの部屋から庭園越しに大海原が一望できます。クリエイティブな料理が楽しめるダイニングにも定評があります。

その他、ベントータのホテルを探す

3.ジェフェリー・バワの世界で究極のバカンスを
「アバニ ベントータ リゾート & スパ」

18世紀のオランダ村をイメージしたデザインは、あのジェフェリー・バワの手によるもの。美しく静かなビーチを目の前にした素晴らしいロケーションはもとより、素朴な建物に一歩入ると広がるシックでエレガントな空間は圧巻です。ノーブルでゆったりとした75の客室、個々の状態に応じてプログラミングしてくれるスパ、そしてプライベートダイニングまで、極上のバカンスが楽しめます。

その他、ベントータのホテルを探す

◆シーギリヤのおすすめホテル
1.ネイチャーパワーをたっぷりチャージ
「エレファント コリドー ホテル」

緑と花に囲まれた広大な敷地の中にあるのは、わずか22室の客室のみ。伝統的な家屋のスタイルをモダンにアレンジした、息をのむほど美しい空間がゲストを待っています。インドア・アウトドア双方の多種多彩なアクティビティや優雅なスパだけでなく、パーソナルタッチのサービスまで忘れられない時間が過ぎていくはず。人気が高く予約も取りにくいので、早めの手配がおすすめです。

その他、シーギリヤのホテルを探す

2.ユニークでアーティスティックなホテル
「アリヤ リゾート & スパ 」

その名の通り、「アリヤ(象)」のモチーフがあちこちに飾られたリゾート。客室は明るくシンプルですが、バスタブが木桶と何だか個性的。もっと変わった滞在を楽しみたければ、キャンプ気分が味わえるテントルームもあります。といっても内部はモダンなしつらえなのでご心配なく。古代遺跡を思わせるスパヴィラや、シーギリヤ・ロックを一望できるプールもリゾート自慢の施設です。

その他、シーギリヤのホテルを探す

3.文化三角地帯を極めたいトラベラーに
「フレスコ ウォーター ヴィラ」

シーギリヤ・ロックから車で約10分のところに建つ、オープンしてまだ日が浅いホテル。スマートなデザインの建物で、客室はプールを囲むように配置されています。シンプルで機能的な客室は全50室でワンカテゴリー。子ども連れでも気ままにくつろぐことができます。シーギリヤ通り沿いに位置するため、ボロンナルワやダンブッラの文化三角地帯を周遊する際の拠点としても便利です。

その他、シーギリヤのホテルを探す



『はじめまして、スリランカ 』でご紹介したホテルはこちら!

同地域に関連するおすすめ記事

海外ホテル特集

最新記事

人気ランキング TOP5

初めての個人旅行

ホテリスタクイズ

ホテリスタメルマガ登録

ご予約特典