今こそ行きたい! 独自文化が残る「キューバ」の魅力とおすすめホテル6選(ハバナ/バラデロ/カヨ・サンタ・マリア)

今こそ行きたい! 独自文化が残る「キューバ」の魅力とおすすめホテル6選(ハバナ/バラデロ/カヨ・サンタ・マリア)

「地球上で最も美しい島」とコロンブスが感嘆の声をあげたキューバは本島を含め、1600余りの小島や岩礁からなるカリブ海で最も大きな島国です。1959年の革命戦争後はアメリカの経済制裁により、国家運営がとても厳しい時代がありました。そのため古い建物を壊すことなく今も残っていたり、街中を走る車は50年前以上のアメリカ車だったり、まるで時が止まったままのような景色が広がっています。2015年7月にはアメリカと国交を回復。経済の活性化に伴い、今ある風景は間もなく変わっていくのかもしれません。だからキューバに行くなら今がおすすめ!エメラルドグリーンの海と輝く太陽、美しいコロニアル建築、ノリのいいラテン音楽、美味なラム酒を楽しむため、さっそく出かけてみませんか。


『 ハバナ 』
時が止まったかのような、人を引き付ける魅惑の街並み

時が止まったかのような、人を引き付ける魅惑の街並み

首都ハバナは世界遺産に指定された旧市街と、革命広場がある新市街を中心に発展してきました。特に旧市街は、コロニアル建築が残る大通りを50年以上前のアメリカ車が颯爽と走る風景が人気です。メインストリートのオビスポ通りや界隈の路地には飲食店や雑貨店が増え、観光客に人気です。

どこを歩いても聞こえてくる陽気なカリブの音楽

どこを歩いても聞こえてくる陽気なカリブの音楽

ギター・太鼓・マラカスのリズムからソンが生まれ、やがてルンバやサルサが誕生しました。ライブハウスやキャバレーではハイレベルなショーが楽しめるとあって人気です。夏には打ち上げ花火を合図に、カロッサと踊りのパレードがスタート。不定期な事も多いため、出かける前に必ずチェックを。

マニア垂涎の名車が往来!キューバはクラシックカー天国

マニア垂涎の名車が往来!キューバはクラシックカー天国

2013年まで自動車の輸入規制を行っていたキューバ。そのため新車の入手は困難で、各家庭では古い車を修理しながら代々受け継いできました。そのため1950年代に製造された車が今も現役で活躍!街中をマニア垂涎のクラシックカーが当たり前のように走り、駐車場はさながら名車展覧会のようです。

◆ ハバナのおすすめホテル (1) ◆
旧市街を代表する老舗 「ホテル サラトガ」

旧市街を代表する老舗 「ホテル サラトガ」

観光名所の一つカピトリオ(旧国会議事堂)はホテル目の前

旧市街の中心部に位置、ネオクラシック建築の外観が目を引きます。創業当初3階建てだったホテルも2005年のリニューアルオープンには7階建てとなり、街のランドマークの一つとなりました。歴史ある館内に足を踏み込めば、ドレスコードを意識させる格式の高さと満足感に浸ることができます。

天蓋付きベッドやネコ足バスを置いた客室も用意

天蓋付きベッドやネコ足バスを置いた客室も用意

ベーシックタイプでも32㎡の広さの客室は、大理石の床とマホガニー材の家具が涼しげで落ち着きある空間をつくっています。おすすめはジュニアスイートのサラトガ。アースカラーを基調にコロニアル風インテリアが素敵で、熱帯の夜風を浴びながらお気に入りの一杯を傾けるひとときもまた格別です。

プールサイドバーでは昼間は軽食を提供してくれるので、ここで一日ゆっくり過ごせます

プールサイドバーでは昼間は軽食を提供してくれるので、ここで一日ゆっくり過ごせます

スペイン・アンダルシア地方のインテリアでゲストを迎えるレストラン「Anacaona」、アールデコとコロニアルが融合したバー「Mezzanine」など、味だけではなく食事を楽しむ雰囲気づくりにこだわったダイニングがそろっています。屋上のプールサイドバーから旧市街やカリブ海が一望のもとです。

その他、ハバナのホテルを探す

◆ ハバナのおすすめホテル (2) ◆
熱帯のピュアな自然に囲まれた「エル ボスケ」

熱帯のピュアな自然に囲まれた「エル ボスケ」

ホテルから旧市街に向かうバスを1日4便運行

新市街から南西へ約6km、メトロポリタン公園とリオ・アルメンデアズ川近くに位置し、喧騒を忘れて過ごすにはピッタリのロケーションです。建物は市街地のコロニアル建築とは一線を画したデザインですが、館内随所にスペイン統治時代の建築様式が再現され、リゾート気分を高めてくれます。

カラフルな色合いのインテリアと白タイルの床がここのスタイル

カラフルな色合いのインテリアと白タイルの床がここのスタイル

オレンジ色の壁やカラフルなカーテン、大きなアーチ型の窓など、明るいカリビアンスタイルのインテリアで、ゲストを迎えています。また、客室のタイプで異なるもののテラスまたはバルコニーを完備していて、熱帯が育む原始の大自然やカリブブルーの大空を見渡し寛ぐことができます。

カジュアルな雰囲気で食事が楽しめます

カジュアルな雰囲気で食事が楽しめます

大きなプールやテニスコートをはじめ、フィットネスルームやスパなどの付帯施設も充実しています。赤のテーブルクロスが目に映える広いダイニングは、熱帯の植物を眺めながら食事が楽しめるテラス席が人気です。朝食は新鮮な南国フルーツがたっぷり用意されているビュッフェをどうそ。

その他、ハバナのホテルを探す

『 バラデロ 』
キューバで最も人気のビーチリゾート地

キューバ最も人気のビーチリゾート地

大西洋に面した約28キロメートルの白砂ビーチで知られる、キューバ随一のリゾート地です。アメリカ影響下の時代は、アメリカの富裕層の別荘地でした。しかし、キューバ革命後、アメリカ人が一斉に去ったことで状況は一変。ビーチ周辺を整備したり、高級リゾートホテルを建設したりして、一般観光客向けに開放。一躍人気のビーチとなりました。バラデロのホテルは、カリブ海リゾートが発祥の料金体系「オールインクルーシブ」を採用しています。これは食事やアクティビティ代が宿泊代に含まれる料金体系のことで、何かする度に財布を出す手間がなく便利です。太陽が出ている時間はマリンアクティビティを、夜は陽気に音楽やダンスを楽しむ…そんなバラデロ流リゾートを満喫してみませんか。

◆ バラデロのおすすめホテル (1) ◆ 家族みんなでバラデロの海を遊び尽すならココ!「ホテル ロック アレナス ドラダス」

家族みんなでバラデロの海を遊び尽すならココ!「ホテル ロック アレナス ドラダス」

遊び疲れたらプールサイドレストランで一休み

広大な敷地を有したビーチフロンリゾート。中央部のプールを囲むようにオレンジ色の屋根の客室棟が点在しています。このホテルでの楽しみは、何と言ってもきれいなビーチと大きなプールでのアクティビティ。子供連れや年配者向けの遊びカリキュラムもあるので、誰もが存分に楽しめます。

家族連れにはスイートタイプがおすすめです

家族連れにはスイートタイプがおすすめです

客室棟の間を遊歩道や小さなクリークが仕切っているため、隣棟を気にせずプライベート感覚で過ごすことができます。全室に備わったテラスからの眺めはよく、ティータイムを楽しむのにぴったりです。水着のままビーチとプールを往復できるレイアウトなのも嬉しいですね。

点在するレストランを訪ね歩くのもこのホテルの楽しみの一つ

点在するレストランを訪ね歩くのもこのホテルの楽しみの一つ

センター棟やレストランはかやぶき屋根風の佇まい。メインダイニングのビュッフェはメニューが豊富で、特に家族連れに人気です。ビーチサイドレストランはパエリヤやシーフード料理など本格的なスペイン料理が評判。プールサイドのグリル&バーも味自慢で、気分に合わせてセレクトを。

その他、バラデロのホテルを探す

◆ バラデロのおすすめホテル (2) ◆ 大人だけが楽しめるリゾートへ「ホテル ロック バルロベント(アダルトオンリー)」

大人だけが楽しめるリゾートへ「ホテル ロック バルロベント(アダルトオンリー)」

プールでは多彩なエンターテイメントショーも催されます

16歳以上だけが宿泊できる大人のためのホテルです。青い海と白砂ビーチ、そして美しいプールとコロニアル建築のホテル棟が織りなす景色は、まさに南国リゾートそのものです。多彩なアクティビティほか、ゲーム施設や魅力的なダイニングをそろえ、退屈知らずの休日を提供しています。

プールやトロピカルガーデンなど眺めは客室ごとに異なります

プールやトロピカルガーデンなど眺めは客室ごとに異なります

宿泊はホテル棟と独立したヴィラから選べ、どちらの客室もトロピカルデザインのベットカバーと木製家具の優しい風合いに心なごみます。天井から床まで大きく取られた窓の外にはテラスが用意。喧騒からかけ離れた環境の中で、あなたの思い描くリゾートを満喫してください。

その他、バラデロのホテルを探す

『 カヨ・サンタ・マリア 』
手つかずの自然が残るクリアビーチが魅力

手つかずの自然が残るクリアビーチが魅力

キューバほぼ中央部、ビジャ・クララ州沖にある群島です。キューバ本島とは約48キロメートル離れています。カヨ・サンタ・マリアへ向かう公共交通機関は今もなく、島へ渡るためにはハバナなどの都市からツアーに申し込むのが一般的です。そしてもう一つ、カヨ・サンタ・マリアを結ぶ約50キロメートルに及ぶ長い橋(有料)を、レンタカーやレンタバイクでドライブして渡る方法があります。空と海の境目が分からないブルーの世界の体感は、一生の思い出となることでしょう。島内はリゾート化が進行しつつも、手つかずの自然が多いのも特徴。とかいえ、ホテルやレストランはしっかりあるので安心です。日本人観光客に遭遇する機会が少なく、非日常を楽しみたい方にぴったりのリゾートといえます。

◆ カヨ・サンタ・マリアのおすすめホテル (1) ◆ 眠るのがもったいないくらい遊びが満載!「プラヤ カヨ サンタ マリア」

 眠るのがもったいないくらい遊びが満載!「プラヤ カヨ サンタ マリア」

スイミング用やキッズ用など、敷地内には8つのプールを用意

低層階の客室棟が点在した清潔感あふれるホテルです。市街地から離れた群島のため人の往来は少なく、ホテル前の海はプライベートビーチ感覚で利用できます。敷地内には遊び、グルメ、癒やしの施設が数多くそろっているので退屈知らず。用具や施設だけではなくプログラムの多彩さも特徴です。

爽やかな色合いのインテリアと籐の椅子が涼しさを演出

爽やかな色合いのインテリアと籐の椅子が涼しさを演出

客室はスタンダードを中心にスイートルーム、そしてプライベートプールを備えたマスタータイプを用意しています。客室の向きや階数が影響するため、オーシャービューを希望の場合は予約時に確認が必要です。また、記念日を祝っての宿泊では嬉しい特典があるので、申し出た方がお得ですよ。

その他、カヨ サンタ マリアのホテルを探す

◆ カヨ・サンタ・マリアのおすすめホテル (2) ◆ 世界中のグルメに舌鼓!「メモリーズ パライソ アズール ビーチ リゾート」

たっぷり遊んだ後は世界中のグルメに舌鼓!「メモリーズ パライソ アズール ビーチ リゾート」

泡まみれのプールに入ってみんなで盛り上がる「泡パーティーライブ」が大人気

マリンアクティビティや各種スポーツ、ライブショーなど、遊びメニュー満載のホテルです。子供の年齢に合わせた遊びやサービスを提供するキッズクラブやラウンジがあるのも、このホテルの特徴です。専門店がそろうダイニングではカリブ料理、欧州料理、アジア料理など、世界各国の味が楽しめます。

ジュニアスイート以上から客室にバルコニーやテラスが付いています

ジュニアスイート以上から客室にバルコニーやテラスが付いています

白い壁にオレンジ色のタイル床、そして木製のインテリアが置かれた客室は、明るくトロピカル雰囲気。広いリビングのあるスイートや、オーシャンビューの客室も用意されているので予約時にチェックを。ダイヤモンドクラブに入会すれば各種サービスが受けられ、より充実したステイが満喫できます。

その他、カヨ サンタ マリアのホテルを探す



ご予約特典

ホテリスタメルマガ登録

夏旅・秋旅キャンペーン

海外ホテル特集

最新記事

人気ランキング TOP5

初めての個人旅行