バンコクで泊るならココ!おすすめホテル10選

バンコクで泊るならココ!おすすめホテル10選

近代的で華やかな賑わいの都市と、厳粛な仏教文化が今に息づくバンコク。ラーマ1世による遷都以来、政治・文化・教育の中心地として発展し、近年では「東南アジアのハブ」とも称される国際都市として飛躍的発展が続いています。今回は特に旅行者に人気の5エリアからおすすめホテルをご紹介します。


バンコクのおすすめエリア

●王宮周辺

バンコク中心部からチャオプラヤ川の西側一帯は、華麗な王宮や由緒ある寺院が見られます。その北部はドゥシット地区と呼ばれ、国会議事堂・官庁が並ぶ行政の中心地です。

●チャイナタウン周辺

ファラムポーン駅の西側にあり、中国系の人が多く住んでいる街です。金を売買する「金行」が盛んなうえ、中華料理を安く食べられることもあって観光客に人気のエリアです。

●シーロム通り周辺

ルムピニー園と日本大使館があり、高級ホテルやデザイナーホテルも点在しています。タニヤ通りとパッポン通りはカラオケやバーが多く、外国人ビジネスマンに人気です。

●サイアム・ラーチャダムリ周辺

有名ブランドが集まる「サイアム・パラゴン」、東南アジア最大級のショッピングモール「セントラル・ワールド」、さらに老舗百貨店など、大型ショッピングモールが集中しています。

●スクンビット周辺

サイアム・ラチャダムリの東に位置する高級住宅街で多くの外国人が暮らしています。ソイ33は日本人駐在員が暮らす地区、ソイ39は日本人のベッドタウンとして有名です。

チャオプラヤ川に面して建つリゾートホテル
「アナンタラ バンコク リバーサイド リゾート & スパ」

水面に映る姿も美しい

水面に映る姿も美しい

チャオプラヤ川畔に位置し、広大な敷地の中に美しい庭園とそれを見渡せる豪華なプールなど、多くの施設がそろうリゾートホテルです。客室はタイの伝統様式を取り入れたデザイン。落着きと涼やかな風合いが特徴です。食事はタイ料理、多国籍料理、鉄板焼、イタリアンなど、一流シェフが奏でる世界の料理を堪能できます。様々な施術を体験できるスパ、運河を巡るボートツアー等、思い描くリゾートを存分に満喫できます。

その他、バンコクのホテルを探す

緑豊かな敷地にたつデラックスホテル
「サイアム ケンピンスキー ホテル バンコク」

まばゆいばかりのロビーは高い天井が印象的

まばゆいばかりのロビーは高い天井が印象的

ショッピングやエンターテイメントが集まるサイアムスクエアの中心部に位置するホテル。すぐ傍にはショッピングモール「サイアムパラゴン」、そしてBTSサイアム駅と連結しているので大変便利です。食事は伝統的タイ料理や欧州料理、そしてカジュアルな軽食まで幅広く用意。子供用プールを含め3つの屋外プール、そしてタイ伝統の治療法を生かしたスパがあり、ホテル内でゆったり過ごせるためのサービスも行き届いています。

その他、バンコクのホテルを探す

人気のショッピングモール「ターミナル21」のすぐそば!
「コンティネント ホテル バンコク」

バスルームもおしゃれ!

バスルームもおしゃれ!

壁面をガラス張りにしたスタイリッシュな高層ホテル。BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅にほど近く、人気のショッピングモール「ターミナル21」は徒歩圏内と、バンコク観光に最適のロケーションです。客室は4つのテーマに分けられていて、特に高層階の「スカイルーム」は眺めがよく人気。豊富なアメニティ、24時間対応のコンシェルジュ、見晴らしの良いジムやプールを備え、心地よい滞在をサポートするサービス満点です。

その他、バンコクのホテルを探す

長期滞在したい人にもおすすめ!
「グランド センター ポイント ホテル ラチャダムリ」

客室はゆったりとし、大きな窓が開放的

客室はゆったりとし、大きな窓が開放的

BTSラチャダムリ駅、チットロム駅近くに位置するホテル。サイアムスクエアやセントラルワールドプラザ、プラトゥナーム市場、ルンピニ公園、スアン・パッカート宮殿など、ショッピングもグルメも観光にも最適な立地です。客室はゆったりと広く、キッチン、洗濯機、大型冷蔵庫を備えているなど、家族やグループで長期滞在にもぴったり。アジアンリゾート気分満点のプール、和食が味わえるレストランも評判で旅の拠点に最適です。

その他、バンコクのホテルを探す

地下鉄、BTRいずれも近い好立地!
「S15 スクンビット ホテル」

モノトーンでしぶくまとめられた客室

モノトーンでしぶくまとめられた客室

BTSのアソーク駅から徒歩約3分の位置に建つホテル。スクンビット通りに面していて、大きなロゴサインのオブジェが目印。ロビーや客室廊下にはタイにまつわるオブジェや写真が飾られています。客室はモノトーンを基調としたアーバンスタイル。客室はビジネスタイプから、スイート、デラックス等幅広く、いずれも落着きある空間が評判です。本格的タイ料理、アラカルトメニュー、ビュッフェなど、豊富なダイニングも人気です。

その他、バンコクのホテルを探す

タイを代表する老舗高級ホテル
「デュシタニ バンコク」

タイらしさを取り入れたインテリア

タイらしさを取り入れたインテリア

シーロム地区のラマ4世通り沿いに建ち世界の要人も利用するなど、タイを代表する高級ホテルです。随所に行き届いたサービスは格式の高さを感じさせます。ダイニングではタイ料理、日本料理、中国料理、ハワイ料理に舌鼓。評判のスパではタイの伝統的美容施術とリラクゼーションが心身を癒してくれます。ホテル正面にはMRTシーロム駅、徒歩3分の位置にBTSのサラデーン駅があり、アクセスの良さも自慢です。

その他、バンコクのホテルを探す

リバーフロントにたつ人気デラックスホテル
「ロイヤル オーキッド シェラトン ホテル & タワーズ」

ひときわ目をひく高層ホテル

ひときわ目をひく高層ホテル

チャオプラヤ川畔に位置し、客室からは大空・大河・バンコクの街並みが一望できます。川風が心地よいテニスコートやジョギングコース、24時間フィットネス、テラスプール、スパなどリラクゼーション施設が豊富。さらに宝石店・ギフト店・ブティックが集うショッピングアーケードもあり、ホテルにいるだけでタイの旅すべてが満喫できそう。タイ料理、アジア料理、イタリア料理、コンチネンタル料理など、ダイニングも充実しています。

その他、バンコクのホテルを探す

チャオプラヤ河沿いに建つエレガントなホテル
「シャングリラ ホテル バンコク」

日中の喧騒をわすれさせてくれる風景

日中の喧騒をわすれさせてくれる風景

シーロム地区の中心部、チャオプラヤ川畔に建つ高級ホテル。シャングリラウィングとクルンテープウィングの2棟からなり、全室から悠久たる川の流れや市街地の景色を眺めることができます。ホテルからはBTSのサパーン・タークシン駅が近く、どこへ行くにも大変便利。川沿いにある人気の複合施設へはホテルのシャトルボートが送迎してくます。また、数々の受賞歴を持つ「CHI(氣)スパ」は体内エネルギーを整えるスパとして評判です。

その他、バンコクのホテルを探す

街の中心にいながらゆったりと過ごせる
「グランド ハイアット エラワン バンコク」

華やかなレストランは老舗の風格を感じさせる

華やかなレストランは老舗の風格を感じさせる

BTSチットロム駅やラチャダムリ駅すぐそば、バンコク中心街ラチャダムリロード沿い建つビジネスホテル。フィットネス・スパ・プール等を備えた7,000平方メートルの広さを誇る「アイサワン レジデンシャル スパ&クラブ」、世界各国から選りすぐりのメニューを用意した複数のダイニングなど、リゾートホテルさながらのサービスです。吹き抜けのアトリウムロビー、ブラウンを基調にしたシンプルモダンな客室も好評です。

その他、バンコクのホテルを探す

あえて低層階にこだわる、由緒正しきホテル
「スコタイ バンコク」

館内はどこを歩いても溜息が漏れるほどの美しさ

館内はどこを歩いても溜息が漏れるほどの美しさ

タイ王朝「スコタイ」をイメージした高級ホテル。現代的なデザインの中に仏像やアジア的なモニュメントなど、タイの伝統美を融合し非日常的空間を演出しています。客室はチーク材の家具やタイシルクを取り入れてシックな雰囲気。窓外には蓮の庭園や南国の花木が目を楽しませ、リゾート気分が高まります。ダイニングはイタリアンが中心。週末のチョコレートファンタジアや日曜のブランチも人気で、それ目当てのゲストもいるほどです。

その他、バンコクのホテルを探す


こちらもおすすめ!

見るならココ
[ワット・プラケオ]

タイで最高の地位と格式を誇る仏教寺院と王宮です。広大な敷地内には本堂・王宮・仏舎利・寝釈迦像、そして様々な仏塔があります。肌の露出が激しいもの、ボディラインを強調するような服装では入場できないので注意が必要です。

買う・食べるならココ
[アジアティーク・ザ・リバーフロント]

チャオプラヤ川沿い、チャルン・クルトン通りにあるナイトマーケット。約1,500のショップ、40以上のレストラン、さらには大観覧車や劇場もあり、ナイトレジャーにおすすめ。

行くならココ
バンコク2大パワースポット

[プラ・トリームールティとプラ・ピッカネート] セントラルワールドの伊勢丹デパート前に鎮座する「プラ・トリームールティ(恋の神様)」と「プラ・ピッカネート(学業の神様)」です。世界的に有名で外国人の姿も多く見られます。

[ラク・ムアン]

バンコクを建都する時に“基準点”となった柱で、信仰の対象になっています。柱を祀る祠以外にも幾つか礼拝所があり、案内板が示す順に参拝するのがおすすめだそうです。


ご予約特典

ホテリスタメルマガ登録

期間限定!今だけ台北が超お得!

海外ホテル特集

最新記事

人気ランキング TOP5

初めての個人旅行