シカゴでお気に入りの映画のワンシーンの風景を探しに

シカゴでお気に入りの映画のワンシーンの風景を探しに

シカゴは多くの映画の舞台として、また名作のロケ地として知られています。シカゴを舞台にした映画といえば「アンタッチャブル」が有名。ネスとカポネ一味が銃撃戦を繰りひろげたユニオン駅は、駅構内の建築・装飾がとても美しく、物語の舞台にぴったりです。ストーリーの中で乳母車が転げ落ちる印象的なシーンが撮影された階段は今もそのまま。駅構内の踊り場へと足を運ぶと瞼の奥に名シーンが浮かんできます。シカゴの街を散策すると「ベスト・フレンズ・ウェディング」で主人公がワルツを踊った遊覧船とシカゴ川、「ミッション:8ミニッツ」でのミレニアム公園、「イルマーレ」や「逃亡者」ではデイリーセンター前のピカソ作の像など、名作の中の風景がそこかしこに見ることができます。ぜひあなたも思い出のワンシーンの風景を探しに、シカゴの街を歩いてみませんか。


男のひとり旅をシブク決める、アーバンスタイルのホテル
「ジェームズ シカゴ」

シックなレストランにはぜひおしゃれをして出かけたい

シックなレストランにはぜひおしゃれをして出かけたい

地下鉄レッドラインのグランド駅から徒歩数分、オンタリオ通りとラッシュ通りの交差点に位置するジェームズは、男のひとり旅に似合いそうなシックなアーバンスタイルのデザイナーホテルです。客室もスチューディオ、ロフト、1ベッドルームアパートメント、ペントハウスロフトと、エグゼクティブ感満載のゴージャスさ。モノトーン+ブラウン系のカラースキームと、ローライズでミニマルなデザインの家具が空間に広がりを与え、特別な雰囲気をつくりあげています。

客室はステューディオ、ロフト、1ベッドルームアパートメント等さまざま

客室はステューディオ、ロフト、1ベッドルームアパートメント等さまざま

またジェームズの特徴のひとつが、地元出身や新進気鋭のアーティストの作品と積極的にコラボしていること。エントランスをくぐった時からコリドーを通り客室に入るまで、全てのパブリックスペースがギャラリーのように活用されています。さて、映画ファンなら部屋を出てミシガン通りを南下し、トリビューンタワーを目指してください。ここがシカゴのロケ地巡りの出発点。シカゴ・トリビューン紙の本社ビルといえば「アンタッチャブル」。ミシガン通り橋をわたって終点のユニオン駅にいたるまで、いくつの「舞台」を確認することができるでしょうか……。

その他、シカゴのホテルを探す

シティビューを選んで映画のシーンを堪能!
「ウィンダム グランド シカゴ リバーフロント」

ビジネスステイヤーにも人気

ビジネスステイヤーにも人気

地下鉄ステート/レイク駅から徒歩数分、以前はホテル71という名称でしたが、当時からアクセスやコストパフォーマンスのよさで、特にビジネスステイヤーに人気の高い1軒です。歴史ある高層ビルですが、館内はモダンに改装され施設や設備もさらに充実。シングルユースの客室でもゆったりと広く、バスルームも使いやすく快適です。リバービュー、シティビューのどちらを選んでも素晴らしい景観が望めるのも魅力的です。

客室はゆったりと広くモダンなインテリア

客室はゆったりと広くモダンなインテリア

とはいえ映画ファンならあえて指定して欲しいのが、シティビューのゲストルーム。なぜならほぼ道向かいに建つ35イースト・ワッカードライブを、あますところなく見学できるからです。「トランスフォーマー/ダークムーン」でシャレにならないほど破壊され、「ダークナイト」ではゴッサムシティの裁判所として使われたこのビルは、同映画のマニアなら絶対に見逃せないポイント。そのためだけにウィンダム グランド リバーフロントに宿泊しても惜しくはない……という人もいるのでは?

その他、シカゴのホテルを探す

映画祭のシーズンには連日満室に!
「ホテル モナコ シカゴ」

独特の美しいフォルムはさすがのデザイン

独特の美しいフォルムはさすがのデザイン

地下鉄ステート/レイク駅から徒歩数分、ワバシュ通りとパドックプレースの交差点にあるコンプレックスビルに入っているホテル モナコは全191室。エレガントで個性的なブティックスタイルで、ホテル バーナムと同じキンプトンホテル・グループの一員です。ハッとするような色使いや、独特のフォルムの家具や調度品はモダンなアールデコ調。隅々まで計算し尽くされたデザインは客室も同様です。ベッドボードやランプのシェード、クッションのファブリックにいたるまで目を引かないアイテムはありません。

インテリアにもこだわりが見られます

インテリアにもこだわりが見られます

ホテルそのものが映画の舞台のようなホテル モナコですが、映画祭のシーズンになるとこのホテルの人気はピークに達し連日満室状態に。毎年10月はシカゴ国際映画祭、11月はレズビアン&ゲイ国際映画祭が開催される他、ラテン映画祭やポーランド映画祭などにも多くのファンが詰めかけます。映画ロケ地巡りの拠点にはもちろん、シカゴを代表する映画館や話題のシアターも、ほぼ徒歩か地下鉄でカンタンにアクセスできるロケーションのよさ。一度滞在するとその美しさにノックアウトされ、リピーターになるゲストも少なくありません。

その他、シカゴのホテルを探す

4つ星以上のホテル特集

期間限定!1泊無料キャンペーン!

期間限定スペシャルセレクト~お得プラン特集~

ホテリスタメルマガ登録

おすすめホテル特集

最新記事

人気ランキング TOP5