シャトー デズクリモン

(Chateau D'Esclimont)

ブルリー・サン・シンフォリアンに位置する、1543年に建築された美しいエスクリモン城を改築したホテル。堀に囲まれてたたずむ美しい外観ばかりでなく、上質な家具を配したエレガントなインテリアの客室も当時の面影を残しており、かつての貴族の生活が体験できそうな雰囲気。60ヘクタールの広い庭園でのんびりと散策を楽しむこともできる。ランブイエ駅から約18km。オルリー空港から約64km。シャルル・ド・ゴール国際空港からは約100km。

ホテルの地図

住所 Bleury-Saint-Symphorien, Eure-et-Loir, 28700, France

TEL 33--237311515

FAX 33--237315791

ホテルの設備・サービス

客室設備/サービス

全室にあり 一部客室にあり なし

エアコン 冷蔵庫 テレビ
キッチン/キチネット ミニバー コーヒー/ティーセット
ヘアドライヤー 室内金庫 Wi-Fi

館内設備/サービス

飲食施設

バー/ラウンジ レストラン

スポーツ施設(敷地内にあるもの)

ジム/トレーニングルーム/フィットネスセンター
屋内プール 屋外プール

その他の施設/サービス

スパ/マッサージ/トリートメント 会議場/宴会場
クリーニングサービス コインランドリー
ビジネスセンター 駐車場

ホテル情報のご利用に関して

このホテル情報は、現地ホテルに直接問い合わせを行い回答を得たものを忠実に編集・制作したものです。随時、更新は行っておりますが、更新後に変更となる場合もあり、また各ホテルに回答をお願いしているために完全とは言えない部分もございますので、あくまでご宿泊の参考としてご利用ください。

※ホテル情報の相違に起因するお客様の損害につきまして、責任は負いかねますので予めご了承ください。
※特定の項目に関して最新の情報を確認されたい場合は、メール、FAX等で直接ホテルへお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ホテルのクチコミ

総合評価
9.0
客室:9.0
バスルーム:7.0
ホスピタリティ:8.0
ロケーション:
年代 投稿数 総合評価 客室 バスルーム サービス・ホスピタリティ ロケーション
10代
20代
30代
40代
50代 1件
60代
70代
80代

種子島に鉄砲が伝来した年に建てられた、古城! 感動!

shinoxさん(男性50歳代この投稿者の他のクチコミも読む

2013/01/12 投稿

総合評価
9
客室
9
バスルーム
7
ホスピタリティ
8
ロケーション
-

■  2012年10月に宿泊しました。3階の一番端の、尖塔のある部屋です。 
 1543年に建てられた古城(シャトー)を改装して、ホテルとして利用されています。 もらったホテル案内には、52部屋とありますが、別棟を含めてのことと思います。
予約の際は、シャトーか、別棟かをご確認するべきと思います。

 内装は、石材を化粧板で覆っているため、石材がむき出しではありません。その内装の化粧板やカーペットは、一定期間ごとに、改装していますので、クラシカルな趣がありますが、内装に数百年の歴史を感じることはありません。

 シャトーそのものも印象的ですが、それより、広大な敷地と、別棟等の並びが往年の貴族の贅沢さを感じさせます。敷地内には、大きな池、堀、ガーデン、林等が広がり、野鳥がたたずみます。

 ホテル/敷地を巡るツアーがあり、歴史や設備(井戸他) の説明(英語)をしてくれます。但し、残念ながら、秘密の地下牢やギロチンは、見せてもらえませんでした(笑)。

 周辺に観光地があるわけではないので、まさに、シャトー(古城)での宿泊自体が、滞在目的となりましょう。 
 ふと思い出しましたが、1543年は、”以後予算かかる鉄砲伝来” でしたね。

【ロケーション】

・フランス国鉄 ランブイエ駅から15km(?)程度。 高速道路経由、タクシーで20分ほど。

・周辺に観光地はありませんが、ランブイエに戻れば、ランブイエの森、ランブイエ城があります。

【特徴】

・3階の隅の尖塔の下の部屋、ベッドは、キングサイズ。ベッドルームと、バスエリアの間に小階段があります。内装は、貴族趣味的。調度品は、全て木製。天井も4m以上あり、広々。

・アメニティは、ソープ、シャンプー、バスソープ程度。 歯ブラシは無し。バスタオルなどに加え、厚手のタオル地のガウンありました。

・WiFiインターネットあり。 接続時に、ホテル指定のパスワードでログインするタイプ。但し、当方の部屋では、WiFiの電波が弱く、たびたび、接続断となりました。 当方が宿泊した、3階隅というロケーションが原因かと思います。

・建物内にエレベータはありますが、定員4人?程度のごくごく小さなタイプ。車いすなどは、無理だと思います。また、廊下の途中にも20cm程度の段差があるところがあります。

・朝食は、バイキング式。チーズ・ヨーグルト・果物・パン いずれも、5~6種類並べられ、好みに合わせて選べます。 夕食は、基本的には、別料金でのフルコースでした。

・フロントは、英語を話せます。また、ちょっとした記念品を購入できます。

全体として、古城の内装を改装し、建屋の構造的制約がありますので、特段の施設はありませんが、宿泊すると、とてもよい思い出になると思います。(とはいえ、2泊すると時間をもて余すかも、、、)

宿泊時期:2012年10月 / 宿泊した部屋タイプ:3F 尖塔の下の部屋 / 予約先:ホテリスタ以外でご予約

条件を指定し、「検索」ボタンをクリックしてください


検索条件を入力してください
チェックイン
チェックアウト チェックアウト
ご予算(泊数分合計)を選択してください

部屋数

ご利用人数
1部屋目
2部屋目
3部屋目
4部屋目
5部屋目
6部屋目
7部屋目
8部屋目
9部屋目