A Good Travelerへの道 そこが知りたいホテルの常識

4

いざ、チェックイン!

Chapter3

キャンセルの意味を理解しておこう

Mandarin Oriental, Hong Kong (Hong Kong)

一部変更の場合も「キャンセル」!?

キャンセルとは一度入れた予約を取り消すこと。ただし完全な予約取消だけでなく、日付や部屋数の変更もキャンセルと同じ扱いになります。たとえ宿泊するゲストが同じでも、このような場合、予約システム上では最初の予約がいったん取り消され、別の予約が新たに発生する形となるからです。ホテルのポリシーによって、また特にピークシーズンなどは、こうした変更手続きでもキャンセルチャージを請求されることがありますので、くれぐれもホテルの予約は早めに、確実に。

繰り返しのキャンセル→再予約は、ケガのもと

最近はオンラインで即時予約できる予約サイトが増えています。それだけではなく、為替の変動に応じてホテル料金が常に変化するサイトも多いですよね。

そこで現れたのが、一度予約をした後で、少しでもそのホテルが安く出ていると、即刻前の予約をキャンセルして、改めて新しい料金で予約をし直すという行為です。一度や二度ならまだしも、ひどい場合は、最初の予約から宿泊までの間に何十回もそれを繰り返す人もいます。

実はこれ、とっても危険です。

ホテルのフロントまで情報が届くには時差がある

操作をしている本人から見れば、オンラインで予約が完了し、キャンセルもすぐに完了、次に予約をしたらそれも完了、と、1つ1つの手続きは確実に完了しているように見えます。

でも、その予約システムが、最終地点のホテルまですべてリアルタイムで繋がっている保証はありません。予約サイトと現地手配システムは繋がっていても、その先のホテルとの間は手動だったり、あるいは、ホテルの予約課までは情報は行くけれど、フロントには手渡しだったり。そうすると、度重なるキャンセルと再予約のどれが最終か混乱してしまい、再予約したつもりが「最終はキャンセル」とみなされてしまうこともあります。

また、もしホテルの直サイトだったとしても、あまりに何度もキャンセル・再予約を繰り返す場合、その行為自体が「悪質」とみなされ、最終がどうであれ、ホテル側から「予約取消」されることもあります。

少しでも安く予約したい気持ちもわかりますが、そこは節度を守って予約していただく方がよいでしょう。

「キャンセルの意味を理解しておこう」に関するこちらの記事もご覧ください

こちらもおすすめ