マダムヨーコの辛口旅サロン「目指せエレガント・トラベラー」
Vol.122

Vol.
122

高級ホテルなら必ず満足できる・・・ワケじゃない!

credit:Mandarin Oriental Bangkok

天高く馬肥ゆる秋、が駆け足で過ぎていく今日この頃、みなさまお元気でいらっしゃいますか? ちょいと体調を崩してどこにも行けず、歯ぎしりしながら異国の空に思いを馳せているマダムヨーコでございます。ああ、飛行機に乗りた~い。知らない街を目的もなくブラブラした~い。

ホテルの満足度はどこにある・・・?

そんなしょっぱい毎日の中、ふと頭に浮かぶのは以前、旅猫様からいただいたお便りのこと。「ラグジュアリーな5スターホテルを楽しむ旅とは、一体どんな旅なのでしょう」というご質問でございます。コレ、何となくわかっているつもりでも、いざ説明するとなると言葉に詰まる難問ですのよね・・・。文化的な背景や側面も含めた考察については、新春企画としてミスターとの対談でじっくりお届けする所存でございますので、どうぞお楽しみに~。

ですが、その前に。わたくしも、もう一度、旅とホテルについてちょっと考えてみましたの。実はホテルの満足度って、1人ひとりの性格や、旅のスタイルによって毎回変わるんじゃないかしら? ただ寝るだけの場所と割り切るのはつまらないけれど、大枚をはたいて高級ホテルに滞在すれば、すべてが満足かというと、そういうわけでもないんじゃないかしら?

自分とホテルの相性を知る4つのポイント

人に性格があるように、ホテルにもタイプがあって、それぞれに長所と短所があるはずです。高級ホテルで居心地の悪い思いをすることがあれば、エコノミークラスのホテルでも、忘れられない時間を過ごせることもありますものね。となれば、問題はホテルのグレードではなく、お互いの相性ってことですわね。それをうまくマッチさせるにはどうしたらいいのでしょうか。

わたくしが重要と考えているポイントは、「コミュニケーション」「マイペース」「非日常」「おこもり度」の4つ。さっそく宿泊施設の特徴にあわせて見ていきましょう。ちなみにこれは、すべてのスケジューリングを自分でする個人旅行や一人旅を前提としていますので、あしからず~。

「コミュニケーション」:見知らぬ人との触れ合いが得意か否か

外国語が得意でもそうでなくても、見知らぬ人との交流が苦にならない、というタイプなら、どんな宿泊施設でもなじむことができます。が、最も相性がいいのは、意外なことにラグジュアリークラスの最高級ホテルなんですのよね~。特に欧米。黙っていれば何でもしてもらえると思ったら大間違い。望む通りの待遇を求めるなら、自分からガンガン申し立てていかなければ放置されるのみ。せっかくの贅沢空間で、これは悲しすぎます。もてなしてもらいたいなら、ひるまずに声をかけることこそ、快適滞在ための第一歩なのでございます。

また高級ホテルと同じくらい、コミュニケーション力が必要になるのがホステル、ゲストハウス、民宿、民泊等。料金はお手頃ですが、手続きやトラブル時の自力での相談・解決はもちろん、さまざまな事柄を他人とシェアすることになります。こうしたやり取りがどうしても苦手で・・・というタイプなら、ビジネスユースでも定評のある3~4つ星がベストでしょう。インターナショナルのチェーンホテルなら、想定外の設備や施設もないため、気負うことなく過ごすことができますわよ。

「マイペース」:その場に自然になじめるか

高級ホテルはゲストもまた雰囲気造りのための大切な要素。服装や立ち居振る舞いなど、その場にふさわしい対応が求められます。もしあなたが、外国に行ったからといってレディファーストなんかできない、チップも極力払いたくない、堅苦しい服装なぞゴメンこうむる、というバンカラタイプなら、どうぞ高級ホテルはお避けくださいませ。かたくなすぎるその言動は、同じ日本人の評価にも関わってきてしまいますもの・・・。

そんな方には、暮らすように気ままに過ごせるアパートメントタイプの宿泊施設がおすすめです。ただ~し! 男性の場合、自分で家事をするのはマストですわよ。パートナーのほとんどは「海外に行ってまで家事をしたくない」と思っていますからね! その面倒を解消したいなら、適当に放っておかれるエコノミークラスのホテルはいかがでしょう。ま、本当に気楽な分、サービスも施設も必要最低限ですけれど、それは文句言いっこなしですわよね。

「非日常」:日本人ゲストとの遭遇を避けたいなら

高級ホテルの豪華な空間は、まさに非日常。それこそ高級ホテルに滞在する醍醐味ですわよね。ところが。誰もが一度は泊まりたいと願う特別な場所なだけに、人気観光都市の著名ホテルは団体ツアーでも引っ張りだこ。ロビーからレストランまで、終日日本語が聞こえてきて・・・なんていうことも・・・。外国で同胞に会うと、挨拶なんか問題外でお互い眼中にないフリ。これは日本人の典型的なパターンですわよね。日常を引きずりたくないというその気持ち、わからないでもありません。

こういう場合は、ホテルの客室数をチェックしてみましょう。小規模であればあるほど、団体客の割合は少なくなります。また家族経営のプチホテルや日本での知名度が低い、すなわちメディアなどの取材や露出が低い高級ホテルも狙い目です。日本語のクチコミがなくても、頑張って他国ゲストの声を拾ってみてください。自分だけのステキな隠れ家ホテルを見つけることができるかもしれませんわよ。

「おこもり度」:外出しなくても快適な時間を過ごせるか

海外旅行に出かけたのだから寸暇を惜しんで外出し、買物や観光をとことん楽しみたい。ええ、ええ、わかります。でも歳と経験を重ねると、異国の地で、ただのんびりとリフレッシュしたいという思いも強くなってくるものです。いいホテルに滞在して、どこへも行かず、居ながらにして贅沢な時間を過ごす。これもまた一度はしてみたい優雅な旅のスタイルですわよね。

となれば、拠点となるホテルにはある程度の施設がそろっていてほしい。レストラン、バー、プール、ジム、スパ、そして食品や雑貨など幅広い商品を扱っているショップがあれば、言うことなし。こうした充実した施設がそろうのは、やはり4つ星以上の高級ホテルということになります。各種モール内に併設または隣接しているホテルも便利です。とことん高級感を味わいたいならプライベートヴィラもいいですわねえ。バトラーとのおつきあいは必至ですけど!

ホテル選びの優先項目は「料金」「アクセス」「知名度」などですが、時にはこんなふうに全く異なる観点から検索してみてはいかがですか? 自分の性格やホテルの特徴などからさかのぼり、最終的に金額やアクセスなどで折り合いのついた1軒をチョイスする。冒険かもしれませんが、旅慣れたトラヴェジェンヌのみなさまには、新たな視点がきっと生まれてくるはずですわよ。それでは、みなさまのますます楽しい旅をお祈りしつつ、また来月。Ciao!


聞かせてあなたの声を

シェリー様の投稿「グーグルマップの青い点々が大嫌いに」を読んで激しく同意なさったAuthrgirl様より、ロサンゼルスでウーバーや配車のアプリが使えず悲惨な目に遭われたとのご報告が。エリアごとのルールや不便に不慣れな旅人としては、やはりタクシーが安心という面もありますわね。特にアメリカのショッピングモールでは配車事情が複雑なようです。みなさまも事前のチェックをどうぞお忘れなく!

長年連れ添われた奥様との、記念旅行をご無事に終えられたH.Y様。いただくお便りにあふれる愛情と思いやり、そしてお二人が心寄せ合って過ごしてこられた歳月が目に浮かぶようで、毎回胸が温かくなりました。出逢いのステキなエピソードやプロポーズ秘話は、マダムヨーコの宝物にいたします。これからも、また折々にお元気な声をお聞かせくださいね。そして、これからも幸福な旅を!

みなさまからの声

皆様からのご意見、ご要望、ご質問などお待ちしています。また、ご自身の体験談、旅先で出会ったトホホな人々などなど、なんでも結構です。

「声」を投稿する

使えるワンポイント英会話

相手に何か遠慮してほしい時や、反対に気遣う場合にひと言かけたいフレーズです。「すみませんが・・・」「悪いのですが・・・」と言ったニュアンスになります。語気を強めに言うと「やめてもらえませんか!?」といった抗議の意味を含めることができます。しつこいナンパや押し売りなどに対して有効です。

他にも、あらゆるシーンで役立つ英会話がそろってます!

今週の旅格言

「自分を知れば新しい世界が広がる」「こういうものだ」という固定観念から脱却し、もう一度「自分とは?」を考えてみましょう。どんなことに気がつきましたか?

  • 海外の人気レストランを日本語で安心予約。グルヤク
  • 旅先での現地ツアーならH.I.S.にお任せ!!