HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
184

宿泊ゲストのためのホテル空間

20年前、私が働いていたニューヨークのホテルでは、ホテルでおカネを使う人以外は入れないように圧力をかけていた。やり方はいたく原始的で、ドアマンが「この人は用もなくホテルに入ろうとしている」と感じれば、睨みつける。全体ミーティングの場で、総支配人がドアマンにそうした行動をとるように指示を出していた。当時は、服装を見て、ある程度そうしたことが分かったが、現在は、ジーンズでも800ドルを超えるようなものもあり、服装で見極めることは難しくなった。

代わりに、「宿泊ゲスト以外は入れません」という縦札を起き、その脇にセキュリティ―が立っているホテルが増えた。例えば、プラザホテルでは、チェックインカウンターとバー&レストランが備わったスペースがあり、そこには宿泊ゲスト以外は入れないという縦札が立っている。泊まってはいないが、そのバー&レストランを使いたいという人もいるだろう。だが、ロビー中央にあるパームコートというレストランしか使えない。ニューヨークで大人気のブテイックホテルのひとつ、グリニッジホテルも違わず、宿泊ゲストしか館内に入れない。館内にイタリアンレストランがあるが、宿泊していない人は外から入るエントランスを利用するのみになる。

このように、宿泊ゲストだけの空間にすることで、ゲストは真夜中でも、ルームサービスをロビーラウンジで食べることができる。深夜にバーが開いていなくても、冷蔵庫から飲み物を取り出し、チェックリストに部屋番号と飲んだ物を書いておいておけばよいなどというサービスも可能になる。宿泊ゲストにとって、快適性と利便性が広がり、泊まっている人のみが使えるという優越感はリピーターを育てる大きな力となる。

アメリカのホテルは昔から、ホテルでおカネを使わない人を館内に入れないように仕向けてきた。用のない人が入れば、治安が悪くなり、宿泊している人にとっていいことは何もない。だが、建物の構造上、それを極めることができなかった。これからは、アメリカの小規模高級ホテルでは、ゲスト以外はロビーに入れないという造りが益々増えてくるだろう。それにより得られるメリットはとても大きなものなのだから。

2023.3.31公開

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ