HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
181

スマートフォンなしにホテル滞在は考えられない

アメリカに暮らしていると、スマートフォンを持たない人はどうなってしまうのだろう?と思うことがよくある。つい数か月前まで、飛行場でコロナの陰性情報を登録するのに、スマートフォンが無ければ、登録できず、搭乗手続きが行えないという事態が起きていた。

つい最近まで、どの空港でもフリーのWi-Fiがあり、海外から来た人でも、そのWi-Fiにスマートフォンを接続させることができた。しかし、昨今、フリーWi-Fiを利用する人が減ったことで、フリーWi-Fiの設備を終えるところが続出している。利用する人が減ったのは、多くの人がハッカーを恐れ、それを使わなくなってきていることが理由として挙げられる。

フリーWi-Fiがないから空港でコロナ陰性に必要な書類を登録できない。或いは、スマートフォンを持っていない。という人は場所によっては飛行機に乗れないという非常事態を経験した。実は、私も6月にバスでトロントへ行った際、この非常事態に巻き込まれた人と遭遇した。その人のスマートフォンは国際ローミングをしていなかった。同じバスに乗り合わせたよしみで、私のスマートフォンを使って、その人のコロナ登録を行い、入国させるという手続きをした。私のスマートフォンが使えなければ、その人はトロントに入れず終いとなるところだった。

ホテルで言えば、ホテルの代表電話を利用する人が極端に減ったため、テレフォンオペレーターを置かないホテルが増えた。もうホテルに電話をして、交換を通して部屋につないでもらうという従来のサービスはないと覚悟したほうがいい。私が見るところでは、一流ホテルを除いて、4スターレベル以下のホテルでは、そのサービスは終わりかけている。また、あっても、電話がつながったときに、オペレーターの人数を減らす方法として、「どちらの部署がご希望か、これから内線番号を読み上げるので、タッチフォンで内線番号を押してください」という案内がされる。英語が得意でないと聞き取るのが難しく、宿泊者までたどり着けない。

もはや「なにかあったら、〇〇ホテルに滞在しているから、電話して」と言って出かけることはやめるべき。アメリカ旅行に行くときは、スマートフォンをフリーWi-Fiを使わずとも、国際ローミングでつながるプランに変更しておくこと。また、電話も、国際電話がかけられる、また、受け取れる、状態にしておくことが必要な時代となった。さらに言えば、滞在中にスマートフォンを壊したり、紛失したり、はたまた、電池切れなどを起こさないように十分気を付けること。もはやスマートフォンは海外旅行における貴重品レベルになった。海外で、連絡が取れないことほど危ないことはないのだから。

2022.12.27公開

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ