HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
175

ホテルブランドの巨星

ドイツのウオルドルフ地方に生まれたジョン・ジェイコブ・アスターが新天地に夢を抱いてニューヨークに移住したのは1784年のこと。マンハッタンを拠点として毛皮貿易を行い、取引先を中国にまで広げたが、1799年に、「将来、マンハッタンが世界一の大都市になるであろう」と考え、マンハッタン南部の広大な土地を購入。それがもたらした富は彼をアメリカ初のミリオネアへと導いた。1848年、彼が他界した時に残された財産は20ミリオンダラー。それは当時のアメリカのGDPの0.9%に相当し、アマゾンの創始者ベゾス氏の2020年度の資産に匹敵する。

1893年、現在のエンパイアステートビルがある地に、彼の子孫の一人、ウイリアム・ウオルドルフ・アスターが13階建てのアスターホテルを建設。「ウオルドルフが建てたホテルで私の家が日陰になった!」と憤った母をなだめるため、その脇に、16階建てのアストリアホテルをジョン・ジェイコブ・アスター四世が建設。ファミリー内の確執で建てられた二つのホテルは完成後、ピーコックアレー(小路)でつながれ、ウオルドフル=アストリアという名称で運営されることになった。

その後も、ジョン・ジェイコブ・アスター四世はホテルへの興味を持ち続けた。「これからはセントラルパーク周辺が最も人気のでる場所になる」と考え、1904年、セントラルパークまで徒歩3分の地にセントレジスをオープンさせ、タイムズスクエアの中心には、ニッカボッカ-ホテルをオープンさせている。

だが、1912年、彼はフランス旅行から戻る途中、シェルブールから乗船したタイタニック号とともに他界。彼の遺産を引き継いだ息子のビンセントはホテルには興味がなく、さっさとウオルドルフ=アストリアをエンパイアステートビルの開発業者に売却しホテルは解体されてしまった。その愚行を嘆いたスタッフの一人がウオルドルフ=アストリアの名称を1ドルで譲り受け、パークアベニューの50ストリートに移築。1931年10月1日のオープン記念では、ハーバート・フーバー大統領がラジオを通して、祝辞を述べている。「ウオルドルフ=アストリアの完成は、ニューヨークのみならず、全米のホテル業界の大きな躍進を示すとともに、アメリカの力と平和と芸術における国家の成長を示すものであります」

ウオルドルフ=アストリアは1949年からヒルトンホテルズの最高級ブランドとして、セントレジスは1957年からシェラトンホテルズの最高級ブランドとして、それぞれ世界中で運営されている。アメリカ初のミリオネアの末裔が建てたホテルは、100年以上を経て、世界中で輝き続ける、ホテルブランドの巨星と言える存在だ。

2022.6.20公開

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ