HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
169

営業部に行きたがるホテルマネージャー

アメリカのホテルで働くスタッフは、概して二つに分けることができる。サービスを施すサービスマンと自分の机を持っているデスクワークワーカー。前者はベルマン、ドアマン、ウエイター、ウエイトレスなど。後者はマネージャーとなり、デスクワークをしながらサービスマンの指揮をとる。サービスマンは職人気質となり、部署の移動はほとんどない。一方、マネージャーは自分で希望を出して、働きたい部署に向かって進んでいく。そして、多くのマネージャーは営業部に行きたがる。

人が来てくれなければホテルは儲からない。だから、営業部の責任は重たい。セールスマンの仕事はいろいろあるが、主なことの一つは、顧客をホテルに招待して、施設を見せて接待をすること。ホテルという華麗なイメージを保つ必要から、セールスマンもスーツを着て姿勢を保ち華麗なイメージ作り出す。さっそうとした姿で彼らが顧客をレストランに連れてきて、ごちそうを一緒に食べながら、楽しく会話を行う。このとき、レストランマネージャーはセールスマネージャーの指示を受けて動く。

そんな様子を見ていれば、自分も営業部で、こうした仕事をしてみたいと思うようになるのは当然。また、営業部で出世をすると、ホテル全体の売り上げを細かに見るようになり、どこをどうしたら経費を削り、利益を伸ばせるかという戦略がたてられるようになる。ホテルにとって最も大切なことは、利益を伸ばすことだから、営業部で働いた人が総支配人になるケースが多く、なおさら、営業部に行きたくなる理由がある。

半世紀前、ホテルが自営のレストランを運営していた時代があった。シェフがおいしい料理を出すことで、売り上げが伸びる。また、食材の計算や購買を行うことで、ホテル全体の数字にも精通することになる。よって、その時代は、シェフが総支配人なることも多かった。今、アメリカでは、大都市にある大型ホテルですら、ほとんどのレストランはテナントによって運営されている。もはや、シェフの存在は薄くなってしまった。

さらに、IT革命を経て、アメリカのホテルはレベニューマネジメントを導入した。ホテルによっては、レベニューマネージャーがいて、全体の数字を見ながら、ルーム料金をいくらにすれば最も儲かるか、また、どの団体に宴会場を貸せば、最も儲かるかという、利益のことだけを考えながら、日々、計算を続けている。インターネットの普及により、営業形態も変わり、以前のように多くのセールスマンが必要なくなった。当然、儲ける計算ができるレベニューマネージャーから総支配人が生まれるようになった。

アメリカのホテルで最も大切なことは最高の利益を生み出すこと。それに最も精通する人物がトップに立つのは当然のこと。昔から、アメリカのホテルの方針は変わらない。

2021.12.23公開

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ