HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
164

日米による技術進化の差

2000年頃のことだったと思う。日本に行ったら、人々が携帯電話でテレビを見ていた。それをアメリカに戻って同僚たちに話したら、「日本の技術の進化は凄い!」と、誰もが驚いていた。だが、その後、スマートフォンが主流となりだし、今では、大多数の人がスマートフォンを利用している。進んでいた日本の技術が海外から来た技術に抜かれた例と言える。

キャッシュレス化も似たような様相を見せている。昔から、アメリカ人はクレジットカードを使うため、あまり現金を持ち歩かなかった。だが、キャッシュレス化は進化せず、その間、日本ではスマートフォンをタッチさせる決済システムができあがった。ニューヨークの地下鉄に乗るとき、スマートフォンのタッチで決済ができるようになったのは、ここ2年のことだ。この点で、日本よりも大きく遅れている。だが、きっと、これからは、日本を追い抜く進化を見せ、逆に日本がそれを導入する動きになるのではないかと思う。

キャッシュレスの進化を遅らせたものに、アメリカ経済を根底から支えるチップ制度の存在がある。ホテルを利用するとき、ドアマン、ベルマン、ハウスキーパーに払うチップとして、キャッシュを持っていなければ、恥をかくことになるし、先方の怒りを買うことになる。ガソリンスタンドでガスを入れてくれた係の人にも、キャッシュがなければ面倒なことになる。至るとこでキャッシュによるチップが必要とされることが、キャッシュレス進化を加速させなかった理由として存在する。

また、コロナ禍で「非接触技術」が日本では開発され、ホテルで導入されているが、これは今の時点で、アメリカでは進みそうもないことが見えている。理由は、その必要性を感じる人々が少ないこと。これはアメリカでウオッシュレットの導入が進まないことと似ている。アメリカ文化は日本ほど「清潔」を求めない。食事の前に手を洗う人はほとんどおらず、公共の場にある手すりに触ったままの手でパンを掴む。また、身体の触れ合いも必要とされる。人々は、握手、ハグ、キスの3つの行為で情を表現する。

昨年は、アメリカで、こうした習慣は悪しきものとして扱われた。だが、ワクチンの普及により、コロナが”風邪と同等ランク”になりつつある今、習慣は戻りつつある。「非接触」も一時的にできた過去の言葉となり、日本で進化した技術は、アメリカではさほど利用されることはないだろう。アメリカに行くときは、公共手段には頼れないので、今後も自分でコロナから身を守る手段を続ける必要がある。

2021.7.21公開

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ