HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
163

コロナ後のニューヨークの楽しみ方

コロナが収束し、観光が活発になったアメリカ国内。1年3か月分の鬱積が爆発し、フライトは満席。それにともない、チケット代も高騰している。これから夏のバケーションシーズンに向けて、観光地は混みあい、コロナ以前の賑わいをとり戻すことは間違いない。そんな中、ニューヨークでは、多くのホテルとレストランは倒産状態にあるため、すぐに元の状態に戻ることはできない。しばらく、ホテル不足は深刻化し、料金の高騰が予想されている。

アメリカ国内で、コロナのダメージを最も強く受けた場所がマンハッタンだった。長さ24キロメートル、幅4キロメートルの小さな島に暮らす人の数は160万程度。だが、日中に、この島にいる人の数は400万に膨れ上がる。240万人は周辺から働きに来る人や宿泊客。コロナで、この240万人がほぼ0となったとき、レストラン(住宅地周辺のレストランは除く)、ホテル、劇場、ミュージアム、ギフトショップは店じまいをする以外に手はなかった。

だが、マンハッタンを出れば、同じニューヨークでも事情はかなり違う。地元に暮らす人々を相手にしていたレストランやホテルは営業を続けているところが少なからずある。ニューヨークの便利な点は、電車とバスの交通機関が網のように張り巡らされていること。それも、運賃がとても安い。また、24時間動いている。クイーンズのロングアイランドシティー、ブルックリンのダンボやウイリアムズバーグ、ニュージャージーのホーボーケンなどはマンハッタンまで地下鉄を使えば15分。運賃は3ドルかからず行かれる。近くには、摩天楼を川越しに見晴らせる公園があり、周辺住民が利用していることで営業を続けているホテルやレストランがそろっている。

ワクチンで出遅れた日本だが、接種状況を見ていると、あと3か月程度でアメリカに追いつき、9月には以前と同じように海外旅行に行けるようになるのではないかと思う。その時、ニューヨークのホテルは異常に高くて取れない状態にあるだろう。是非マンハッタンの外にあるホテルも視野に入れていただき、地下鉄とバスを利用したニューヨークのさらなる楽しみを見つけていただきたいと思う。

2021.6.16公開

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ