HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
132

クラッシックホテルを支える文化財への強い憧れ

オランダの東インド会社に雇われた探検家、ヘンリー・ハドソンがニューヨークに来たのは1609年のこと。そこから、ヨーロッパ人によるニューヨークの植民地化が始まった。当時に描かれた地図を見ると、たくさんの建築物がダウンタウン地域に建てられている。しかし、現在、1600年~1700年代に建てられた建築物は全てと言っていいほど残されていない。その地にあるものは1900年代になってから建てられた高層ビルばかり。古い建物は壊され、新しいビルに置き換えられてしまった。

歴史のある建造物を破壊したことを後悔するようになったのは、1960年代後半になってからのこと。そこから、現在、残っている歴史的建造物を守るために、文化財指定、保護地区設定、ランドマーク化が始まった。もっとも顕著な例はソーホーに見られる。そこは1840年から1900年初頭に、工場として建てられた建造物が集まった場所。時代の流れとともに、使われなくなり、破棄されていた工場に、1960年頃から、芸術家たちが住みつきだした。誰も暮らさない場所のため、安い家賃で借りられたことが主な理由だった。本来、そこは居住区でないから住むことは許されないが、このときばかりは厳しい取り締まりは行われなかった。

だが、そこに存在する“キャストアイロンスタイル”で建築された建物が1973年に文化財指定されると、流れが変わる。1800年初頭にイギリスから入ってきたキャストアイロンスタイルの建物は富裕層の人々を魅了し「いくらお金を払っても、ソーホー内の文化財指定されたビルが欲しい」という欲求を沸き上がらせた。それにより、ソーホー内のビルと家賃は急騰。現在、ミッドタウンにあるドアマン、プール、サウナなどが備わった至れり尽くせりの高級マンションよりも、ソーホー内の“骨董品マンション”のほうが高く取引されるようになる。それは、“ジェントリフィケーション”と呼ばれ、文化財への強い憧れが生み出した現象だった。

ニューヨークを代表するプラザホテルもセントレジスも1900年初頭に建てられた建物で、ランドマーク(歴史建造物)に認定されている。近年建てられた超高級ホテルと比べれば、窓が小さくて部屋が暗い。プールもなければ、サウナもない。名前にひかれて泊まった日本人の中には「こんなホテルとは思わなかった」と落胆する人も少なくない。だが、アメリカ人にとって、文化財指定されているホテルの人気は不滅と言っていいもの。快適性よりもなによりも、文化遺産となっている建物に泊まりたいという強い欲求があるからだ。歴史と伝統をもった高級ホテルはこの特権を100%打ち出して営業を行う。それが富裕層を引きつける最も効果的なものなのだから当然のこととなる。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ