HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
127

不動産会社からホテル運営会社へ

アメリカで最初にホテル運営を行う会社(ホテルマネージメントカンパニー)を設立したのはウェスティンホテルだった。アメリカ全土の約8割ものホテルを倒産へと追いやったグレートディプレッション(世界大恐慌)の翌年にあたる1930年、シアトル在住の2人のホテルオーナーが、たまたまレストランで出会ったことからこの会社は始まった。2人は競合相手ではあったが、苦境を乗り越えるために、協力し合うことで合意。会計、広告、購買、予約、人事を複数のホテルで共有することで、経費軽減を図るという戦略の下、ホテルマネージメントカンパニーを設立した。

しかし、だからと言って、彼らのホテルマネージメントカンパニーに、ホテル運営を委託するホテルオーナーがすぐに出現したというわけではない。ウェスティンホテル自体、サンフランシスコのセントフランシスやニューヨークのプラザホテルをはじめとした多くのホテルを購入し資産会社となっていた。ヒルトンホテルも1919年に最初のホテルを購入してから、徐々にホテルを買収して数を伸ばし、1946年にホテルマネージメントカンパニーを設立した後も、ホテルの買収を続けている。その最たるものは、1954年のスタトラーホテルズの買収だった。111ミリオンダラーの買収は、当時の不動産売買では世界一の巨額取引となった。

ホテルマネージメントカンパニーがホテルのオーナーにならず、ホテルの運営だけに専念できるようになったのは1980年代に入り、ホテルが投資物件として頻繁に扱われるようになってからのことだった。以前のホテルと言えば、客室、宴会場、レストランの3点を揃えた場だった。レストランや宴会場は景気が悪くなると、大きなダメ―ジを受け、赤字経営へと導く。それではリスクが高すぎ、投資対象にはなり得ない。だが、昨今、宴会場もレストランもほとんど保有せず、主に客室からの売り上げで成り立つ不況に強いホテルが一般化してきた。また、アメリカのホテルの売値は、土地の値段ではなく、そのホテルがいくら利益を出しているかで決まる。よって、物価の上昇とともに、必ずホテルの値段も上がっていく。それが頭打ちになることはない。こうした変化によって、ホテルが投資対象となる時代が始まった。

投資家には、ホテル運営のノウハウはないので、ホテルを建てた後に、ホテルマネージメントカンパニーに運営委託をしなければならない。ニューヨークでは、数年毎にオーナーが代わっていくホテルも珍しくない。ホテルマネージメントカンパニーも利益を守るために、たとえオーナーが代わっても、ペナルティー無しではホテルマネージメントの契約を解除できないという決まりを作っている。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ