HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
122

チップとサービスチャージの違い

数年前、チップを止めサービスチャージに移行するレストランが出てニュースの話題となったことは記憶に新しい。昨今、さらに変化が起こり、知識をもっていないと、大きな損失につながりかねない事態が発生している。

チップは100%ウエイターとウエイトレスに渡されるものであり、法律上では、「チップを払うゲストが金額を決めることができ、また、どのウエイター(ウエイトレス)が受け取るかまでも決めることができるもの」となっている。だが、慣習として、18%から21%の額となり、“誰にあげたい”と指定する人はいない。

数年前、チップをサービスチャージに移行させたレストランの言い分は「チップはキッチンで働いているスタッフには分配されず、不公平が生じるので、サービスチャージにした」というものだった。サービスチャージの額はレストラン経営者が決めることができ、且つ、経常利益となる。つまりレストラン経営者はサービスチャージとして集めた額を自分を含めたスタッフ全員の給料を上げるものとして利用できることになる。サービスチャージはレストランで働く者全員の給与を増やすことになりはしたが、ウエイター&ウエイトレスの取り分を減らし離職を招くことにつながってしまった。

ウエイター&ウエイトレスがいなければ、レストランの経営は成り立たない。苦肉の策として生まれたのが、サービスチャージを取りながらもチップをも取るという手段だった。昨今、高級レストランの伝票を見れば、サービスチャージとして20%を取っていながら、その下にチップを書き込む欄がある。さらには、丁寧に“サジェスティッドチップ”(チップ額のご提案)として、18%ならば○○ドル、21%ならば○○ドル、という金額まで明記されている。事情を知らない人々はサービスチャージは目に入らず、ただ、チップの額を選ぶことに注意が行き、18%あるいは21%と明記されている額をチップ欄に書いてしまう。結果、18%の額を書いた人は、実は38%を支払うことになっている。(サービスチャージの%によって変わる)

有名レストランで働くウエイター&ウエイトレスの年収が1500万円を超えることは驚くことではない。だが、サービスチャージに移行されれば、こうした高額は取れなくなる。気の毒とは思うが、私個人としては、38%などという追加料金を払うのは行き過ぎと感じるので、サービスチャージが入っていたら、チップ欄には2%程度の金額しか書かないことにしている。私を日本人として見たウエイター&ウエイトレスは笑みを浮かべながら伝票をもってくる。そして、チップ欄に2%というあまりにも少額が書かれたのを見て愕然とする。だが、彼らは苦情を挙げる立場にはいない。

  • 海外の人気レストランを日本語で安心予約。グルヤク
  • 旅先での現地ツアーならH.I.S.にお任せ!!

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ