HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
94

チップにより基本給が変わるアメリカのホテル

アメリカの組織は不公平な状況を許さない。不公平を感じたスタッフが訴訟に走り、組織が大きな代償を払わされた苦難の時代があったからだ。今では、優良企業であればあるほど、不公平を許さない組織をつくり上げている。

私の同僚で、コンファレンス・サービス・マネージャーからセールス・マネージャーへと部署を移動した者がいた。移動したとき、彼の基本年俸は2万ドルもアップした。「よくそんなに上がったな」と感心すると、彼は「当然のことだ。でなければ不公平だ」と、言った。

コンファレンス・サービス・マネージャーは団体の手配を行うのが仕事だ。団体がホテルに宿泊している間も、彼らが窓口となり、団体からの依頼を受けて対応する。こうしたサービスを行うので、彼らは、お礼として“金一封”を受け取ることになる。額は、団体が大きくなるにつれて、大きくなるのが普通だが、チップと違い、売り上げの20%などというガイドラインもなければ、契約書に「○○支払ってください」という明記もない。いくら払うかは、その組織次第となる。

一方、セールスマネージャーは、ホテルを売り込み、団体との契約を結んだところで役目を終えるから、サービスマンとして働くことはない。それゆえ、金一封を受け取ることはあまりない。だが、その分、売り上げによって支払われる“インセンティブ”と呼ばれる特別ボーナスがある。自分の売り上げ目標以上に売れば、インセンティブはかなりの額になる。だが、景気の動向によって左右されることもあり、安定した収入になりづらい。

働けば、必ずと言っていいほど得られる“金一封”は安定収入になる。だから、コンファレンス・サービス・マネージャーの給与は、同レベルにいるセールス・マネージャーの給与よりも低くなる。同じように、枕チップしか受け取れないハウスキーパー(清掃係り)の給与も、ウエイター&ウエイトレス、あるいはドアマン&ベルマンなど、たくさんのチップを得るスタッフの給与よりも高く設定されている。

アメリカのホテルで働くスタッフに与えられる給与は、それぞれの部署が受け取るチップの額も考慮に入れて設定される。それは、不公平な状況を作りださないために生まれた自然な流れだった。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ