チップの額|私が見たアメリカのホテル|ホテリスタ
HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
68

チップの額

Gratuity(グラチュイティー)とはチップの同類語。レストランのCheck (チェック=勘定書)にGratuity の欄があり、そこに金額が書かれていたら要注意。その金額はチップに相当するものだからだ。その場合、特別多くチップを払いたいときでないかぎり、チップは、相場額(15~22%)から、そのグラチュイティー額を差し引いた金額とすればよいだろう。この手のチェックは高級レストランでときどき見かける。そこに来るゲストは気前のいい人が多いから、こうしたチェックを用意しておくと、チップを多く得ることができるのだ。

チップはウエイター&ウエイトレスの収入の大部分を占めている。彼らが受ける給与はわずかな額に過ぎない。レストランによっては無支給のところもある。だから、彼らはチップを確保するのにやっきになっている。チップが支払われないとき、あるいは相場額を下回るときなど、去って行こうとするゲストを追いかけることさえある。

これはホテルのベルマン&ドアマンにも当てはまる。彼らの主な収入原はチップだから、やはり“荷物1個につきいくら”という相場が決められている。ホテルの格式や都市によって異なるので、利用する側は困るが、ドアマン&ベルマンに言わせると、「それは常識だろう」となる。相場は、多くの場合、荷物預かり場(ストーレージ)に行くと分かる。ニューヨークの1~2流ホテルであれば、ストレージ代は荷物1個につき3~4ドル程度で掲示されている。この額を払えば、ベルマンは笑顔で動いてくれる。大小にかかわらず個数によって決まるので、家族でスーツケースを2つと手さげ袋を2つ運んでもらえば、12~16ドルを払うことになる。

さらに、ベルマンとドアマンは部署が別で、それぞれがチップを受け取るポジションにいる。ゲストが到着したとき、ドアマンは車から降された荷物をベルマンが運ぶまでの管理を行う。それほど労力を費やさないので、チップの相場はベルマンの半額程度になっている。その分、タクシーのドアをあけたときにゲストから受け取るチップで儲けを補う。

こう見てくると、アメリカのホテルに入るとき、チップは軽視できない額になる。だが、それでも日本のホテルと比べれば、部屋代にかかるサービスチャージがない分、少なくてすむ場合がほとんどだ。たとえば、日本で3万円のホテルに3泊すれば、9千円に相当するチップを払うことになる。ニューヨークのホテルに、4個の荷物を持って泊まったとしても、チェックインとアウトの際にかかる額はせいぜい32ドル。枕チップとして毎日、2ドルを払ったとしても、合計で38ドルにしかならない。そう考えれば、チップへの反感も多少緩和されるのではないだろうか。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ