HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
44

プラザホテル買収劇の裏話

私がプラザで働いた1994年の暮れから2005年の2月に至るまでの間に、プラザのオーナーは2回代わった。着任したときのオーナーはドナルドトランプ氏。その頃は既にトランプ氏の勢いに陰りでていて、プラザが売られるのは時間の問題と言われていたときだった。ある朝、ニューヨークポストが「トランプ氏、プラザをブルネイの王様に売却」という記事を一面に掲載。出勤してみると、プラザの前にある公園“グランドアーミープラザ”では、たくさんの人々がカードを持って叫んでいた。「アメリカの象徴を外国人に売るな!」と。その昼には、トランプ氏がでてきて、プラザの前で記者会見を行う。「私はプラザを売りはしない」と。それで、デモは収まったものの、水面下で売却の話は着々と進行していた。それから3か月もたたないうちに、プラザは、シンガポールのデベロッパー、CDL(ミリ二アムホテルズのオーナー)とサウジアラビアのアルワリ―ド王子に折半で買われた。結局、プラザは外国の人の手に渡ったのだった。

それまで、トランプオーガニゼーションにより運営されていたプラザは、アルワリ―ド王子がフェアモントホテルズのオーナーだったことで、フェアモントホテルズに運営委託されるのが当然の成り行きと思われた。だが、スターウッドホテルズが動きだす。当初、プラザはウエステインホテルズとマーケテイング契約を行い、ウエステインホテルの一つとして集客を行っていた。当時のスターウッドホテルズ(ウエステインホテルを傘下に置く会社)のCEO、バ―テル氏がシンガポールに飛び、CDLの総帥であるクエック氏との交渉に臨んだ。50%のオーナー権を持っているCDLが、“プラザをウエステインホテルズに運営させたい”と言えば、すんなりとフェアモントホテルズが運営権を取ることはできなくなる。今でこそ、最高級インターナショナルホテルチェーンにまで成長したが、当時のフェアモントは、まだアメリカ国内に6軒のホテルしか持たない小さなチェーン。どう考えても、ウエステインに運営させるほうが、多くの収入を期待できる。しかし、バ―テル氏の努力は実らず、フェアモントホテルズがプラザを運営することとなり、売却された日に、トランプオーガニゼーションから来ていた社長は去り、フェアモントホテルズから総支配人がやってきた。働いている我々はどうなるものかと不安だったが、変化は社長が去って総支配人が入ってきただけに終わった。

そして、2005年に再びオーナー権が移行。今度のオーナーはプラザを時価の2倍近い値段で買い取った。一部の日本のマスコミは、“同時多発テロ以後、業績が行き詰っていたことが売却の理由”と報じたが、それは全く的外れな報道で、実際はプラザの業績は住宅バブルの好景気にのりとても良いものだった。だが、2倍もの値段を提示されては、誰でも売りたくなるのは当たり前。彼らの目的は、ホテルを運営するのではなく、プラザを分譲マンションに改造して売ることを狙ったものだった。時価の2倍もの値段で買っても、分譲マンションにして売れば、さらに1000億円以上はかるく利益がでると言われていた。しかし、ニューヨーク市民の猛反対にあい、計画は実行不可となる。結局、建物の3分の1をホテルとして残すことに決定。3年間の大改造を経て、外見は昔のままだが、中身は新築のホテルとして2008年に再オ―プンして現在に至っている。運営は変らず、フェアモントホテルズが行っている。

現在、282室の小柄なホテルとなったものの、館内は昔のイメージを残しながら、とても豪華な造りをしている。私が働いていたときとは違い、老朽化が無いという点で日本人に適したホテルになっている。

  • 海外の人気レストランを日本語で安心予約。グルヤク
  • 旅先での現地ツアーならH.I.S.にお任せ!!

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ