HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
36

アメリカのホテルのクオリティーコントロール

アメリカ人と比べれば日本人はとても謙虚。それがホテル運営にも現れていて、「クレームをあげるお客様ほど大切にする」という姿勢ができあがる。“雨降って地固まる”という諺のように、クレームを処理した後に、ゲストがそのホテルの大ファンになるということが起きる。私も日本人ゲストを相手にそれを経験したことがある。ゲストと私の間に絆ができ、次にお越しの際にはわざわざお土産まで持ってきてくださったりする。ホテルはそのゲストには特に気を使うから、快適な滞在を楽しむチャンスが増すことになる。

一方、アメリカのホテルでは、クレームをあげたゲストは、そのホテルには戻ってこないと考えるのが普通のパターン。なぜなら、アメリカのホテルは日本のホテルのように、クレームに対してとことん対応をしないので、処理をしてくれたスタッフとゲストの間に絆ができあがることはほとんどないからだ。

そこでアメリカのホテルが行うことは、クレームがあがらないようにシステムを作りあげること。例えば、接待でレストランを利用するホテルの営業マンは、注意深くレストランを使い、欠点を見つけたらレポートをあげて改善を行う。もちろんレストランマネージャーもシェフも最高のサービスと料理を出す最善の努力をしているのだが、中で働いている者には見えない点が必ずある。それを補うために、営業マンが第三者の目を持って至らぬ点を探す役割をするのだ。このようにしてクオリティーコントロールをするのが一流ホテルの手法。

だが、実は日本でもクレームをあげるゲストは三割もいればいいほうで、不満を持った七割のゲストはクレームをあげずに二度と帰ってこない。だから、クレームをあげるお客様ほど大切にするのではたくさんのゲストを失うことになってしまう。第三者の目によるクオリティーコントロールが必要になるのは日本でも同じことなのだ。

営業マンの目によるクオリティーコントロールのようなかわいらしいものではなく、ホテルチェーンとして、“第三者の目”を得るためにコンサルタント会社を利用しているところもある。調査官はゲストのふりをしてホテルに泊まり、数えきれないほどの項目をチェックしてゆく。その点数がヘッドオフィスに送られ、点数いかんによっては総支配人の資質が問われることになる。実際、アメリカの大手ホテルチェーンではこのようなシステムを利用しているところがたくさんある。危機感を働く原動力とするアメリカらしい方法と言える。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ