HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
28

松井選手にニューヨークが沸いた日

その日、私はすれ違う大勢のスタッフから「やったな!」と肩を叩かれた。前日は、松井選手のヤンキーススタジアムデビュー戦。4番バッターを敬遠したあとの満塁での勝負。松井選手がヒットしたボールは弾丸ライナーのあたりとなりスタンドへ飛び込んだ。「いったい日本一と言われるゴジラとはどの程度の選手なんだ?」とみんなの注目の的だっただけに、この一発はニューヨーク中を沸かせた。私は同僚たちから祝福を受け、同じ日本人として松井選手に強い誇りを感じた。

松井選手がプラザにやってきたのはその数日後だった。NHKの取材で長嶋名誉監督がプラザのスイートへ入った。海外のホテルで働いているといろいろな人との絆ができる。私が懇意にしていただいている栄養学の大家、山田豊文先生がスポーツ選手の栄養管理のアドバイザーをされていることから長嶋名誉監督と知り合いだった。そのつながりもあり初対面ではあったが、野球にまつわるいろいろな話しを伺うことができた。

長嶋名誉監督のエスコートを終えてオフィスに戻ってくると、ヤンキース広報の広岡さんから電話がかかってきた。「松井が自分の車でプラザに間もなく到着します。これから長嶋名誉監督と対談になりますので、その間、車を預かっていただけませんか?」私は急いでエントランスに下りた。ドアマンは車をホテルの前に絶対に駐車させない。ピーと笛を吹いて“ここに停めるな”と冷たい対応をする。しかし、外に出てみると、すでに松井選手の車はホテルの正面に横付けされていた。松井選手をさがしている私を見て、ドアマンがやってきた。「俺がゴジラの車の鍵は預かった。心配するな。」そう言って、人差し指でクルクルとキ―を回した。

“ゴジラがホテル内にいる”という噂が回るのは早かった。今度は私のボスから連絡が入った。松井選手に挨拶がしたいという。アメリカの社会では、こうしたボスの願いは絶対的なものだ。無視をすることなど許されない。私は広岡さんに電話をした。「全く問題ありません。間もなく対談が終わりますから、そこでお会いしましょう。」私はボスを連れて部屋へ向かった。ボスは当時ヤンキースの監督、ジョート―リー氏のサインが入ったボールを持ってきた。その横に松井選手のサインをいただき上機嫌となった。その日のプラザは松井選手デ―だった。

後にも先にも、ひとりの日本人がこれほどニューヨークを沸かしたことはなかった。その昔、ヤンキースが優勝すると、プラザの宴会場で優勝パーティーを開くのが常だったそうだ。もし昨年、松井選手がMVPに輝いたパレードのときに、プラザの同僚たちと一緒に過ごせたならば、私は祝福の嵐でぐちゃぐちゃにされたであろう。ホテルという観光産業の中にいてわかることは、松井選手ほど日本から利益をニューヨークにもたらした人はいないということだ。恐らくこれから先もこうした人は出てこないのではないかと思う。ながいことありがとう、松井選手。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ