HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
27

枕チップなど必要ない?

「チップが一番難しい」とよく言われる。「枕チップなんて必要ないと言われたけど本当?」という質問も受ける。たとえ枕チップが必要ないからと言っても、他の部署でも同じようにチップを軽く考えてはいけない。なぜなら、チップはアメリカのサービス業で働く人々にとっては、主たる労働賃金だからだ。ウエイターが稼ぐチップをラフに計算してみよう。朝食が30ドルとすると、相場が15~22%なので、チップで支払われるのが4ドル50セント~6ドル60セント。5ドルとした場合、1人のウエイターが15人を担当して75ドル。朝なら2回転はするから150ドル。ウエイターは朝の3時間程度の時間で150ドルのチップを稼ぐことになる。

一方、ハウスキーパーは部屋の掃除に30分程度は時間をかける。枕チップで2ドルあったとしても、1時間で4ドル。3時間でも12ドルにしかならない。ウエイターの150ドルとは大きな違いだ。この差をなくすために、ハウスキーパーの基本給はウエイターのそれよりもかなり高く設定されている。だから、“枕チップなど必要ない”という意見がでることになった。ウエイターもハウスキーパーも、彼らの基本給は彼らがチップで稼ぐ金額に基づいて決められるから、必然的にチップの相場もできあがる。彼らは相場額をもらえないと怒る。だから、アメリカに行く際には、それぞれの部署がとるチップの相場を知っておく必要があるのだ。さもないと、知らないうちに相手を立腹させてしまうことになる。

それでは相場はいくらなのか?これはレストランのチップをのぞいては、ガイドブックには書かれてはいない。ホテル内部で働いていないとわからない情報だからだ。たとえば、3年前のニューヨークでは、ベルマンの相場は荷物1個につき2ドル。ドアマンの相場は荷物とともにタクシーで到着した場合、1人について1ドル25セントだった。これはホテルと労動組合が決めた団体客に適応される料金で、一般の人が払っている平均金額に基づいた数字だった。つまりこれぐらいが相場ということになる。払い方にもコツがあるので、さらに詳しくは「海外旅行が変わるホテルの常識」(ダイヤモンド社)を参考にしていただけたらと思う。

  • 海外の人気レストランを日本語で安心予約。グルヤク
  • 旅先での現地ツアーならH.I.S.にお任せ!!

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ