HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
26

エンパワーメント

“エンパワーメント”という言葉がアメリカのホテルで使われる。意味は、“自分の判断で行使できる権限”のことを言う。日本でも書物などで紹介され、「あのホテルならばエンパワーメントがあるから、すばらしいサービスが提供されるにちがいない。」と期待して足を運ぶ人も少なくないと聞く。しかし、アメリカのホテルで使えるエンパワーメントが日本で使えるとはかぎらない。

たとえば、お年寄りが早朝にチェックインに到着したとする。前日は満室で部屋はスイートを除いてできていない。そうしたとき、私が働いていたホテルではスイートを提供するのが当たり前のことだった。それをフロント・スタッフが自分の権限で行った。

アメリカは弱者をいたわることをよしとする国。スクールバスが生徒の乗り降りを行うために止まれば、その道路を走っていた車も路線に関係なく一斉に止まらなくてはならない。子供を守るために法律が義務づけたことだ。パブリック・スペースで、車椅子が通れないところがあってはならない。バリアフリーが法律化されてから久しい。バスはエアー・プレッシャーで乗車口が下がる仕組みになっている。高いステップを踏めない人のためにこの装置が採用されてから二〇年以上になる。アメリカに暮らしていると、いたるところで弱者を法律が守っている例を見る。

アメリカ人は法律に従って動く人々。法律が弱者を守れば、必然的に弱者を守る心が人々の中にもできあがる。お年寄りをいたわることはとても大切なことだから、マネージャーだろうとフロント・オフィス・クラークだろうと、対応方法は変わらなくなる。だから、フロント・スタッフの権限でスイートをだすことができるのだ。一方、日本のホテルでは、上司に大目玉を食らうのではないかという恐れが先行してしまい、それができない。

アメリカのホスピタリティーは法律に基づいていて、日本のホスピタリティーは上司の気持ちに基づいているといえる場面がとても多い。これが理由で、アメリカで使えるエンパワーメントが日本では使えないという差が生まれる。同じホテル・チェーンが運営するホテルならばアメリカでも日本でも共通のポリシーだから、エンパワーメントが使えるはずと考えるのは間違え。ホテルのサービスはそれぞれの国の文化風習に基づいてできているのだから。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ