HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
18

不景気の打撃を受けるニューヨークのホテル

「70%OFF. Everything must go out!」

こんな看板がニューヨークのいたるところに張られている。
1月から3月の下旬までの3ヶ月間は、ニューヨークのホテルはオフシーズンとなる。ニューヨークのホテルのメジャーなビジネスはコンベンションと呼ばれる、企業主催のグループ・ビジネス。自社の製品をクライアントに紹介したり、勉強会を開いたり、社員の労働意欲を上げるための催しを行ったりする団体だ。こうした企画の開催地にわざわざ寒い場所を選ぶ必要はない。だから、ニューヨークは敬遠されがちになりオフシーズンとなるのだ。

だが、それにしても今年のホテルの稼働率の落ち込みようは尋常ではない。どの企業も業績不振のために予算をカット。金融危機と言われるように、金融関係のビジネスはとくにその傾向が強い。コンベンションも開催されなければ、出張者の数も激減している。ニューヨークは金融の街。今回の不況の打撃を最も強くうけている街と言ってもいいだろう。ホテルは、私の知っている過去15年間で最も悪い状態だ。「同時多発テロのときよりも悪い」などと言う声も上がっている。

本来、こうしたときに、期待がかかるのが日本のレジャー・マーケット。日本も大不況に違いないのだが、不況にとても強いマーケットが存在する。それがシルバー・マーケットとOLマーケット。すでにリタイヤされて安定した老後を過ごす人々。海外旅行に行くことが習慣化されているOLたち。そうした人々を誘致するための営業活動が活発になるはず。ところが、ホテルは過去5年間の好業績に満足して、日本のマーケットを追う努力を怠ってしまった。今はこのマーケットをノックすることすらできない。

極度の円高が追い風となっているうえに、ホテルの値段が昨年の半値になった。街のショップは大バーゲンセールを繰り広げている。韓国ウォンが下落したというニュースがテレビでながれ、昨年の秋は韓国ツアーブームとなった。今はニューヨークがその状況と言ってもいいだろう。“日本マーケットここにあり”を久しぶりに示すために、この情報をみんなで流しまわりたいところだ。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントを、また2023年6月からは長年の夢であった小説家としてデビュー。ホテルマンの経験を活かし多方面で活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ