HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
8

ホテルはコーポレート・イメージの象徴

学生時代の友人がとても大きな取引をするということで、総勢8人で泊まりにきたことがある。本来なら、予算の都合でプラザには泊まれない。だが、そのときばかりは、同行した弁護士がプラザにするべきだと主張したので、会社はそうせざるをえなかった。
さらに、弁護士は言った。「相手をプラザに招待して夕食をとろう。」さすがに、アメリカ企業との取引を専門にしているだけあって、アメリカの仕来たりを理解していた。

アメリカ企業のオフィスに行くと、その贅沢な造りに驚かされることが多い。平社員の肩書きを持つ者まで個室を持っていたりする。机はハイテク装備できれいに整頓されている。
その様子をみて、相手はまずその会社の利益を想像する。そして、「この会社とならビジネスをしたい」と思うようになる。彼らにとってオフィスはコーポレート・イメージの象徴。良いイメージを創りあげることは相手の信頼を得るうえでとても重要だ。
オフィスを持たない出張者の場合、コーポレート・イメージの象徴はホテルになる。だから、アメリカ企業を相手にするなら、一流のホテルに泊まることが大切なことなのだ。
とある日本の一流メーカーから予約をプラザでよく受けた。しかし、宿泊していたゲストは全員、アメリカ法人で働くアメリカ人だった。その会社のアメリカでの成功の鍵は、アメリカ人に経営権を任せていることにある。だから、本社と現地法人の間には様々な差ができている。日本からくる社員はプラザには泊まれない。

多くの日本企業はバブル経済が去ったあとに出張費を設定した。それから10数年にもなる。その間、アメリカのホテルの値段は3~5倍にもなってしまった。だが、ほとんどの企業では予算の大幅な見直しがなされていない。当然のことながら、日本のビジネスマンは一流ホテルからエコノミーホテルへと流れた。
相手は会話の中で、どこに泊まっているのか聞いて来る。そのときが相手を引きつけるチャンスだ。だが、残念なことに、気まずそうにエコノミーホテルの名を言って会社の格を下げてしまうのが現状だ。
駐在員とミーテイングするために来るのならそれでいい。だが、アメリカ企業と取引をするのならば、こうしたアメリカの仕来たりを理解して一流のホテルに泊まる予算を用意するべきだ。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもおすすめ