HOTEL in U.S.A 私が見たアメリカのホテル

Vol.
109

大手ホテルチェーンの追撃

アメリカの大都市では、個性的な高級ブティックホテルが平均単価でも稼働率でも、同レベルにある大手ホテルチェーン運営のホテルを引き離した状態が続いている。これは、従来のホテルの在り方に飽きた人々が、驚きや感激や刺激というものを与えてくれる個性を備えたホテルを求めるようになったことで起きた現象だ。当分、この流れが変わることは考えられない。そこで、大手ホテルチェーンも個性派高級ホテルの建設に乗り出した。

マリオットは、“エディション”ブランドで個性派ホテル市場に参入。これは、数多あるマリオットブランドの中で、リッツカールトンとJWマリオットの間に置かれる高級ブランド。既に、ロンドン、マイアミ、そしてニューヨークでオープンさせ、2018年末までには、その他12都市でも完成させることが決定している。

ニューヨークのエディションは、1909年から1913年まで世界一高かったメトロポリタン・インシュアランスカンパニーの本社ビルを改造して造りあげたホテル。中央に大きな時計が付いていることから、“時計台”として親しまれているランドマークビル。それゆえ、ホテルに改装されると発表されたときは、ニューヨークの人々を驚かせた。内装は、1909年当時の造りをそのまま残した部分が多く、殊にレストランのアンティーク構造は、その装飾の豪華さに目を見張る。

スターウッドでは、1998年にニューヨークのレキシントンアベニューで始めた“Wホテル”ブランドを利用して、高級デザイナーズホテルへの道を歩みだしている。昨今オープンしたアメリカ国外のWホテルは、驚くほど豪華で奇抜な構造が多く、スターウッドグループの中で最高級ブランドであるはずの“セントレジス”を、同都市にあるWホテルが平均単価で追い抜くという現象が生まれている。だが、もともとは、バーをレストランと兼用にしたり、宴会場の数を最小限にとどめたりと、宿泊売り上げで高い収益をあげるために設計されたホテル。アメリカ国内に現存しているWホテルでは高級路線を行くには無理がある。そこで、改装しても高級ブランドに生まれ変われないホテルは、今後、Wホテルとしての運営を辞めるという大胆な戦略に入っている。

双方とも、どれだけ本気でこの市場に参入しているかは理解できる。あとは、サービス面で、高級ブティックホテルが行っている“宿泊ゲストを特別に大切にするサービス”を生み出せるか否かにかかっている。これまでのチェーンとしてスタンダート化されたサービスでは太刀打ちできない。これらのブランドだけ、それをどこまで変えられるかが焦点となる。

全てのバックナンバーを見る

著者:奥谷 啓介

1960年東京都生まれ。ウエステインスタンフォード&プラザシンガポール、ハイアットリージェンシーサイパン等勤務の後、1994年よりニューヨークのプラザホテルに就職。2005年プラザホテルの閉館に伴い退職。現在はニューヨークにてホテルコンサルタントとして活躍中。

奥谷 啓介オフィシャルサイト

著書紹介

超一流の働き方

ビートルズ・ケネディ大統領・サウジの大富豪……全世界のVIPらに愛され、マネージャーとして超一流の世界で学んだ世界標準の「サービス」「心の持ち方」「自分の活かし方」「生き方」を公開!

なぜ「お客様は神様です」では一流と呼ばれないのか

「アメリカのホテルで1万円儲かることが、日本のホテルでは3,780円しか儲からない」といわれるほど世界最低レベルの生産性。働けど働けど儲からないワーキングスタイルに苦しめられるのはもうやめよう。

はえくんの冒険

(原作:アントニオ猪木、著:ケニー奥谷、絵:八雲)
ブラジルの中央、マッドグロッソにある牧場に生まれた「はえくん」の物語。原作のアントニオ猪木氏が自身の体験をもとに長年あたためてきた企画が、奥谷氏の手により絵本になりました。大人が読んでも楽しめる愛と友情の物語です。

サービス発展途上国日本 - 「お客様は神様です」の勘違いが、日本を駄目にする

サービスを向上させるにはスタッフを幸せにすることが一番の近道。アメリカの超一流ホテルでの経験から綴る業界改革論。

海外旅行が変わる ホテルの常識

「プラザ」元マネージャー直伝、一流ホテルで恥をかかない滞在術。この一冊があなたのアメリカ滞在を変える!レジャーはもちろん、ビジネスにも役立つ情報の集積。国際人の責任として、海外に行く前にその国の常識を学ぼう。

世界最高のホテル プラザでの10年間

アメリカのホテルはなぜこんなに不愉快なのか!?「日本人利用客」VS「アメリカ人従業員」。果てしないトラブルの非は、どちらにある?敏腕マネージャーがフロント・デスクの内側からみた「日米比較文化論」。

こちらもあわせてご覧ください